【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

ナインアワーズ新大阪で休憩してみた!Part2(カプセルユニット編)



新基軸のカプセルホテルを展開する、ナインアワーズは2018年10月22日に、ニッケ(日本毛織)とともに大阪府内初となる新店舗「ナインアワーズ新大阪」を開業しました。ナインアワーズ新大阪の建築デザインは、建築家・平田晃久氏が担当し、独自の文化が発展した都市・大阪の街の景観に溶け込む巨大看板を有する外観を特長としています。

客室数は164室(男性76室/女性88室)。8台の看板はメイン構造と共にパイプを用いたサブ構造で支持され、新大阪駅ホームのどの位置からも見えるよう様々な角度で立体的に設置されており、ホテルのイメージを街に発信。外観はガラスが多用され自然光が取り込まれる館内では、看板によって外部の視線から守られるとともに、看板の内側は映像が投影されるスクリーンとなっており、移り行く大画面の映像と新幹線や飛行機が通り過ぎる風景の両方を体感できます。

【出典元】
「ナインアワーズ新大阪」
公式HP>ナインアワーズ新大阪

【過去記事】
ナインアワーズ新大阪の建設状況 18.10
ナインアワーズ新大阪(9h ninehours 新大阪)、ニッケ(日本毛織)が参画するカプセルホテルが間もなくオープン!

 

 

ナインアワーズ新大阪で休憩してみた!Part1(フロント、ロッカー編)



 

 

 

 

 

 


ナインアワーズ新大阪特集の2回目は「カプセルルーム編」です。僕はカプセルホテルを利用するのは今回が初めてだったので、かなり新鮮な感覚を味わう事が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 


部屋番号はこんな感じで床面に表示されています。ピンスポ照明とあわせて、近未来的な感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カプセルを真横から見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カプセルの内部です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


広さはセミシングルサイズで、寝るには十分な広さです。低反発のマットレスと枕が予想外に心地よかったです。ナインアワーズ新大阪はニッケ(日本毛織)が参画しているので、その関係もありそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


入り口のロールカーテンを締めるとこんな感じです。カプセル内にはUSBポートと照明の調光つまみがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カプセルルームですが「寝る」に特化したミニマムな空間でした。デザイン的にも洗練されており必要十分な設備だと思います。また、次回ご紹介する「シャワー」や「ドレッサー」などの付帯設備も洗練されているので、全体的な満足度は高いと思います。ただ、カプセルの集合体なので「音」がきになる方はキツイかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。