【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

【2022年春開業】読売新聞旧中部支社跡地コートヤード・バイ・マリオット名古屋が出店!



 

米ホテル大手「マリオット・インターナショナル」と積水ハウス、読売新聞東京本社は2019年4月12日に、名古屋市中区栄の読売新聞中部支社の旧社屋跡地に「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」を建設すると発表しました。

ホテルは地上12階、地下1階建て(高さ約51m)。客室は360室(スイートルーム10室)を予定し、宴会場や4つの会議室を設け、婚礼やビジネスにも利用できる計画です。読売新聞東京本社が土地・建物を所有そ、施工する積水ハウスの子会社が事業主となり、マリオットが運営します。「コートヤード」は、世界50以上の国・地域で1100軒以上のホテルを展開するマリオットの中核ブランド。名古屋が国内6軒目で、東海地方では初進出となります。

 

【出典元】
コートヤード・バイ・マリオット名古屋が 2022 年春に開業

 

怒涛の出店攻勢を続ける「マリオット」

 


建設が進むW OSAKAの完成予想パース

インバウンドの伸びに合わせて外資系ホテルの日本進出が続いていますが、マリオット・インターナショナル系は怒涛の勢いで出店を続けています。展開ブランドもラグジュアリーブランドのJWマリオット、エディション、ブルガリ、から、中核ブランドのマリオットルネッサンスコートヤード、低価格帯のフェアフィールド、モクシー、アロフトなど、フルラインナップでの大攻勢です。参加のスターウッドホテル&リゾートのホテルも加わると圧倒的なホテル数になります。

 

【2020年春オープン】JWマリオットホテル奈良計画の建設状況 19.02



【2020年10月竣工】W OSAKA(W大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに建設中のWホテルの状況 19.02



京橋トラストタワー(コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション)



【2020年夏オープン】フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波、日本初となるFairfield by Marriottが難波元町二丁目に進出



【2019年開業予定】コートヤード・バイ・ マリオット大阪本町〜サンフロンティア不動産が大阪・堺筋本町近くに出店!



【2020年11月竣工】モクシー大阪新梅田の建設状況 19.04



アロフト・ホテルが大阪初進出!堂島ホテル再開発事業のホテルブランドはAloft 堂島(仮称)に決定!



 

3 Comments

アリー my dear

名古屋は都市規模に対してまだ外資系ホテルが少ないですから、これからも他の新規ホテルが出店して欲しいですね(^_^)

アリー my dear

連続で失礼します。
先ほどのコメントはちょっと不躾な感じでした、すみません。何故それを聞いたかと言うと、引用元のニュースを読み返しても高さの記述が見当たらず、どこだろう?と思ったからなんです。

アリー my dear

建物高さの記述が見当たらないですけど、どこですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です