MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

竣工した名駅ダイヤメイテツビル、(仮称)名駅一丁目計画の状況 20.07


名駅ダイヤメイテツビルは、三菱倉庫と名古屋鉄道が名古屋駅近くに建設した地上14階、地下1階、高さ66.83m、延べ面積18,925.54㎡の賃貸オフィスビルです。計画地はKITTE名古屋の北隣の敷地で「名古屋駅」から、JRゲートタワー、JPタワー名古屋の2階貫通通路とデッキで直結しています。三菱倉庫と名古屋鉄道は、2018年6月25日付けのニュースリリースで、名古屋市西区名駅一丁目 に建設予定のオフィスビルについて共同事業を行うと発表し、再開発が行われました。

 

【出典元】
オフィスビル「(仮称)名駅一丁目計画」の開発を決定

【過去記事】
(仮称)名駅一丁目計画ー三菱倉庫と名古屋鉄道の共同事業の状況 20.02
(仮称)名駅一丁目計画ー三菱倉庫と名古屋鉄道の共同事業の状況 18.09

 

 

 


名称名駅ダイヤメイテツビル
計画名称(仮称)名駅一丁目計画
所在地愛知県名古屋市西区名駅1丁目1番17号
交通名古屋駅 桜通口 徒歩4分
階数地上14階、塔屋1階、地下1階
高さ66.83m
構造鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
杭・基礎
主用途事務所(一部店舗)
駐車場約2,100台
敷地面積2,236.06㎡ ※公式HPの数値
建築面積1,361.33㎡
延床面積18,925.54㎡※公式HPの数値 ※賃貸対象面積 12,822.07 ㎡ 
容積対象面積
建築主三菱倉庫、名古屋鉄道
設計者鹿島建設
施工者鹿島建設
着工2018年10月3日
竣工2020年06月17日
入居2021年秋(予定)
備考名古屋駅にデッキで直結した高品質なオフィスビル。「名古屋駅」から、JPタワー名古屋、
JRゲートタワーの2階貫通通路とデッキで直結。ガラスカーテンウォールにより開放的な
1フロア300坪の無柱空間オフィスビル、フロアは最大で7分割可能(最小区画は約25坪)
耐震性の高いCFT柱と制振装置(ハニカムダンパ、アンボンドブレース)を実装した、
耐震性に優れたオフィスビル
 

所在地:愛知県名古屋市西区名駅1丁目1番17号

 

2020年7月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2020年3月だったので、約4ヶ月振りの取材です。

 

 


ビルは2020年6月に竣工、正式名称は「名駅ダイヤメイテツビル」に決まりました。

 

 


JPタワー名古屋の2階と歩行者デッキで直結しています。

 


2階エントランス付近の様子です。

 


エントランスロビーの様子です。

 


かなり高級感のあるロビーです。

 


1階に繋がるエスカレーターの様子です。

 


1階から見上げた様子です。

 


最後は北東側から見た様子です。

 

2020年3月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年2月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 

 

東側から見た様子です。

 

 

KITTE名古屋とは2階レベルの歩行者デッキで直結されます。

 

 

 

 

北東側から見た様子です。カーテンウォールの取り付けが進み、外観が完成状態に近づきました。

 

 

 

 


最後は北西側から見た様子です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE