新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

【大阪IR】メルコリゾーツが新たな夢洲IRの完成予想図を発表、人工島にヘブンを作る構想が明らかに


出展:https://jair.report/article/58/

大阪府・市が、ベイエリアの夢洲に誘致を目指している、カジノを含むIR・統合型リゾート。中国のマカオを中心にIR事業を展開している「メルコリゾーツ&エンターテインメント」は2019年1月に「シティ・オブ・フューチャー」と名付けたコンセプトを発表し、総事業費は100億米ドル(約1兆円)超を見込むと発表しました。同社として世界最大規模の施設を大阪・夢洲に建設意向を示しました。

「簡単に言えば、人工島にヘブンを作るということだ。夢洲でこれを実現したい」。先日インテックス大阪で開催された[関西]統合型リゾート産業展のオペレーター講演で初公開された、メルコリゾーツの夢洲IRの完成予想図です。メルコのフラッグシップホテルであるモーフィアスを思わせる流線型の建物や近未来的な高層建築物、巨大な展示場が描かれています。この中には4つのホテル、国際的なイベントを開催できるMICE施設、ショッピングセンター、ミュージアム、イベントゾーン、カジノが設置され、巨大な日本庭園やヘルスケアに特化した施設も用意されます。

 

「ラスベガスでも、シンガポールでも、マカオでもなく、日本である。(最後発とも言える)日本はユニークなポジションだ。今までのほかの地域の失敗からも、成功したプレミアムツアーからも学ぶこともできる」とホー氏は訴える。その上で、数百万という観光客を呼び込むことで得られる成功を、幅広いローカルコミュニティと分かち合いたい。「大阪で新しい時代をみなさんと共有したい」

出展:JメルコリゾーツCEO ローレンス・ホー氏

※福島区民さんから情報を頂きました、ありがとうございました!?

 

 

 

【大阪IR】大阪府・市が『大阪IR基本構想(案)』を発表、夢洲にF1を勧誘する構想も浮上!



 

【大阪IR】香港メルコリゾーツも1兆円投資を表明!コンセプトは「未来都市」



 

 

 

出展:https://jair.report/article/58/

 

メルコが描く大阪IRのテーマは「未来の街」。「先進技術や近代的な建築と、歴史・伝統が共存している」日本の特徴から着想を得たとの事。上のパースには一部が壁面緑化された3棟の超高層ビルが空中連結された姿が描かれています。高さは200mぐらいありそうです。

 

 

出展:https://jair.report/article/58/

出展:https://jair.report/article/58/

 

「確かに、今までのモノをコピーすれば、安くできるでしょう。でも、競合他社の株主はそれを見て喜ぶでしょう。でも、大阪はシンガポールでも、ラスベガスでもありません。標準に対する圧力と戦いたいし、決してコピーは作りたくない。それぞれのプロジェクトはユニークで、フレッシュなデザインのソリューションだ」

出展:メルコリゾーツ ロベレクス氏

メルコリゾーツが構想する大阪・夢洲のIRは、マリーナ・ベイ・サンズでも、ラスベガスの伝統的なイベント会場でもない、オリジナルティのある施設にしたいとの事。標準化に対する圧力と戦う、決してコピーは作りたくないとしています。最後発と言える大阪IRでは、先行する他のIRの成功・失敗事例から学び、その上でオリジナルティのある施設を作る事が可能です。

 

 

 

 

 

 

 



地元自治体の長年にわたる誘致活動に加え、進出するIRオペレーター側もやる気満々な大阪IRですが、先日の報道によると、政府はカジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に当たっての基本方針の公表を夏の参院選以降に先送りする方針を固めたとの事です。

 

昨年7月に公布されたIR実施法では、公布から1年半以内に管理委を設置し、2年以内に基本方針を公表することを定めています。誘致を目指す自治体は、基本方針を踏まえて事業者の選定基準などを盛り込んだ実施方針を決定。選定した事業者とIRの整備計画をまとめ、国に認定を申請し、国土交通相は最大3カ所認定する流れです。大阪府・市は、2025年大阪万博までにIRの一部を開業させたいとしていますが、政府の対応の遅さがビジネスチャンスを逃すかもしれません。今回ご紹介したメルコリゾーツやMGM、さらにラスベガスサンズは大阪ファーストの方針ですが、オペレーター側の熱が冷めないうちに大阪への超大型投資を決めて欲しいと思いました。

 

5 Comments

福島区民

IR入札が成功した場合ローレンス・ホー氏とメルコ幹部チームが日本に移住

https://www.asgam.jp/index.php/2019/05/17/lawrence-ho-and-melco-executive-team-to-relocate-to-japan-if-ir-bid-successful-jp/

 メルコリゾーツのローレンス・ホー会長兼CEOが、同社が日本のIRライセンスを勝ち取った場合、自身と幹部チーム全員が日本に移住することを約束した。

同氏は以前、成功することが分かれば、メルコ本社を香港から日本へ移転することを検討すると示唆していたが、木曜に東京で行われたジャパンゲーミングコングレスでのプレゼンテーションの中で、その決意をさらに一段上へと引き上げた。

 ホー氏は、「統合型リゾートの開発ライセンスを勝ち取った場合、私自身が日本に移り住み、当社の幹部チーム、そして本社も日本へと移る予定をしている」と語った。

 このコメントの前日にメルコは、同社のデザイン部門(日本)バイスプレジデントのピム・ロブレクツ氏が「大きいだけでなく類まれな体験を提供する」施設と説明するMICEスペースを軸に展開する大阪IRのコンセプトを少しだけ明かしていた。

 大阪の夢洲にある49ヘクタールの土地に建設が予定されているIR開発には、史上最大の日本庭園、健康と癒しに特化したホテルを含めたそれぞれが約1,000室を有する6つのホテル、水をテーマにしたアミューズメントパーク、そして屋根から吊り下がったパフォーマーなどの内蔵型のエンターテインメント機能が盛り込まれる予定。

HS

中央の連中の首都圏最優先には本当に毎回ウンザリします。残るのは憎しみだけです…

副首都

当初サンズが東京希望しているからを遅らせているといわれたが、そのサンズも大阪ファーストを発表した。
こうなると官僚の天下り先として東京や横浜につくりたいという説が信憑性があり、東京や神奈川の地方議会の可決待ちで基本方針作成を遅らせているというのが本当かも。
今回の日米首脳会談で米側から話があるかと思ったが報道がなく、遅れるのは確実だわな。
メルコの案は素晴らしい、MGMやサンズの案も見たいな。
いずれの案にしろ、できれば間違いなく大阪は変わるわな。

ポンタ

>政府の対応の遅さがビジネスチャンスを逃すかもしれません。
東京が第一候補にならなかったからわざとやっているのではとさえ思いますね

匿名大阪市民

>オペレーター側の熱が冷めないうちに大阪の超大型投資を決めて欲しいと思いました。
まさにそれです。政府の対応の遅さ(悪さ)が気になります。
また、参院選の結果次第で悪い方向に向かわなければいいのですが・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です