新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

スイスインターナショナルエアラインズが関西空港~チューリッヒ線を2020年3月1日から就航すると発表!


出展:Swiss International Air Lines

スイス国際航空(スイスインターナショナルエアラインズ)は、202031(関西発は2)から関西空港~チューリッヒ線を開設し週5便を就航することを正式発表しました。関西線には、223席仕様のA340-300(3クラス223席:ファースト8席、ビジネス47席、エコノミー168席)を投入する予定です。関西~チューリッヒ線は2001年の夏スケジュール以来18年ぶりの運航となり、これにより関西発のヨーロッパ線は6都市になります。

出展:https://www.swiss.com/jp/ja/various/new-destinations-of-swiss-2020

【運航スケジュール】

◆2019冬ダイヤ(20年3月1日から28日まで)
LX162 チューリッヒ13:0008:451関西 月水金土日
LX163 関西11:0016:00チューリッヒ 月火木土日

 

◆2020夏ダイヤ(20年3月29日から)
LX162 チューリッヒ13:0007:501関西 月水金土日
LX163 関西10:0515:45チューリッヒ 月火木土日


※ポンタさんから情報を頂きました、ありがとうございました!

 

 

 

 


出展:https://grimshaw.global/projects/zurich-airport/

スイス最大の国際線の拠点であるチューリッヒ空港からは、パリやロンドンなどの主要都市をはじめ、バルセロナやマドリッド、ミラノなどの南欧、さらに東欧やアフリカ方面へも乗り継ぎが可能です。チューリッヒ便の復活により、関空の弱点だったアジア以外の航空ネットワークが強化される事になります。

 

2 COMMENTS

じげ

大阪は地力のある都市です。
多少のタイムラグはあれど、長い目で見れば投資すれば投資した分だけ伸びてくる都市です。

関空しかり夢洲しかり。

ポンタ

・ご紹介頂き、ありがとうございます。正直、ミラノやローマと違い、チューリッヒに週5とは驚きです。同グループ(ミュンヘン線)がよかったのでしょうか。先行きは未知数ですが、育てて欲しいですね。ただし首都ではないので無理しない様に。
・東京とは違い、欧米便の需要が圧倒的に少ないのは仕方がありません。ハブ空港で有名なアジア諸国(中国は大きいので例外)の空港は、首都のそれこそ規模や路線・便数が充実しているものの、第2都市以下のそれは小規模です(例として韓国の仁川は路線が多いですが、金海には豪州や米本土への路線がありません。欧州もヘルシンキ行きがやっとできるくらい)。
・その状況で、これだけの便数があるのはすごいことです。もちろん関西エアポートには、これに胡座をかかずに競争力をつけて欲しいです。中には関空は無駄と揶揄する人がいますが、近畿圏の需要を伊丹だけで賄うのは無理ですものね(LCCやインバウンドのなかった2010年でも伊丹+関空で23万回を超えているので、伊丹の3kmと1.8kmのクロースドパラレルだけでは受け入れ切れない)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です