【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

南海高野線ー中百舌鳥駅にLCD(液晶モニタ)型の新型発車票が設置される!



南海高野線の中百舌鳥駅(なかもず駅)は高野線と泉北高速鉄道が分岐し、地下鉄御堂筋線が乗り入れるターミナル駅です。そんな中百舌鳥駅にLCDタイプの発車標が設置されました。

 

 

南海ー新今宮駅にハーフワイドLCD(液晶)タイプの新型発車票が設置される!



南海難波駅に巨大LCD(液晶モニタ)型の発車標が登場!各ホームの発車標もLCD化され多言語対応が強化される



 

 

まずはホーム上屋に設置された発車標の様子です。画正確なインチ数はわかりませんが40インチ位はあるのではないでしょうか?

 

 

 

LCDタイプなので近接表示、乗車位置案内、種別別のカラーリングなど多彩な画面表示が可能です。

 

 

 

橋上駅舎下部にはハーフワイド液晶を用いた発車標が設置されました。

 

 

 

 

続いては橋上駅舎の改札内コンコースに設置された発車標の様子です。これが中々の力作で驚きました。

 

 

 

メインの表示は47インチのサイネージモニタ。それに加え32インチのモニタを縦設置で組み合わせているではありませんか!なんという職人芸。縦表示部は「お知らせ」や「時計」など、発着案内以外の情報が表示されていました。縦横のサイネージモニタを組み合わせ1つのインフォメーションボードとして機能させています。

 

 

 

南海のLCD発車標は筐体デザインが秀逸で側面から見てもカッコイイです。

 

 

 

 


最後は少し離れた場所からみた発車標の様子です。インチ数の異なるサイネージモニタを縦横接で組み合わせ、固定サインボードで纏めた素晴らしいシステムだと思い関心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です