【再都市化ナレッジデータベース】

新型名阪特急『ひのとり』(近鉄80000系)ープレミアム車両編



2020年3月14日、近鉄のシンボル名阪特急に新型車両「ひのとり」がデビューします。投入される近鉄80000系電車は、6両編成×8編成、8両編成×3編成、計72両が導入され大阪難波―近鉄名古屋間を結ぶ、名阪特急「アーバーンライナー」を順次置き換える予定です。

開発コンセプトは~くつろぎのアップグレード 名阪特急 次の時代へ~ 。ライバルの新幹線が新大阪―名古屋間を約50分で結ぶ状況で、難波―名古屋間を2時間強で走る近鉄特急はスピードでは勝負になりません。そこで近鉄は2時間強の移動を快適に過ごせる様に、接客設備を大幅にアップグレードさせ「最上の寛ぎの時間」を提供する事で差別化を図る事にしました。スピードでは適わないので車両の快適性を大幅に引き上げ、新幹線に勝負を挑みます。

 

新型名阪特急『ひのとり』(近鉄80000系)ー外観編



新型名阪特急『ひのとり』(近鉄80000系)ーレギュラー車両編



新型名阪特急『ひのとり』(近鉄80000系)ー サービス・ファシリティ編



【近鉄】新型名阪特急「ひのとり」シート体験キャラバンに行ってきた!



 

 

 



2020年3月14日にデビューした「ひのとり」。今回はプレミアム車両の様子をご紹介します!プレミアムシートは、横2+1の3列シートで、シートピッチは日本最大級の130cmを確保。床面を高くしたハイデッカー構造と大きなガラス窓で、高いアイポイントからの眺望が楽しめます。さらに横揺れを低減するフルアクティブサスペンションを採用し快適な乗り心地を実現した、まさにプレミアムな車両です。

 

 

 

 

車内の様子です。包まれるくつろぎ、優しさの未来形。全席に採用した「バックシェル」により、後ろの利用者に気兼ねなくリクライニングする事ができます。

 

 

 

プレミアムシートの様子です。洗練されたフォルム、上質な素材、電動リクライニング、レッグレスト機能を備え、読書灯、シートヒーター、大型テーブル、カップホルダー、コンセント、荷物フック、電動ロールスクリーン等をそなえています。

 

 

 

 

クッション性とホールド形状にこだわったシート表地は本革が使用されています。

 

 

 

最前列の様子です。壁面とシートの間はご覧の通りのゆとりです。

 

 

 

 

 


2人掛けシートの様子です。

 

 

 

1人掛けシートの様子です。他人を気にする事がない、最高のプライベート感覚が味わえる極上のシートです。

 

 

 

 

まくらは好みの角度に調節でき、快適な移動時間をサポート。LED読書灯も装備されています。

 

 

 

電動リクライニングの操作パネルの様子です。特筆すべきは「シートヒーター」。腰のあたりが「ほんわか」と暖かくなり、これが気持ちいい。思わず眠りそうになりました。

 

 

 

肘掛けの小物置きを前にスライドさせると「カップホルダー」が現れました!

 

 

 

窓の横の柱には空調の吹き出し口があります。

 

 

 

そして、最前列からはご覧の通りのダイナミックな全面展望が楽しめます!

 

 

 

運転席はこんな感じです。メチャクチャ広いです。

 

 

 

プレミアム車両の入り口付近の様子です。室内に立ち入るには「プレミアムチケット」が必要です。

 

 

車内情報案内装置は大型液晶が2枚。複数画面を生かした内容が表示されていました。

 

 

 

驚いたのが天井照明。なんとフルカラー調光が可能で名古屋駅到着前に青色に変わりました!これは凄いです。

 

 

 

ようやく乗車する事ができた「ひのとり」のプレミアム車両。シートキャラバンで着席体験していたので概要はわかっていましたが、実際の車内の雰囲気は全く異なり、体験会よりも数段良く感じました。まるで国際線のファーストクラス・・の様な感じで、従来の水準を突き破った豪華シートである事は間違いありません。「ひのとり」は今後の鉄道車両のマイルストーンになり、近鉄が国内の鉄道車両のクオリティを1段引き上げる事になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です