MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

新型名阪特急『ひのとり』(近鉄80000系)ー外観編



近鉄のシンボル名阪特急に新型車両「ひのとり」が2020年3月14日にデビューします。投入される近鉄80000系電車は、6両編成×8編成、8両編成×3編成、計72両が導入され大阪難波―近鉄名古屋間を結ぶ、名阪特急「アーバーンライナー」を順次置き換える予定です。

 

新型名阪特急『ひのとり』(近鉄80000系)ーデラックス車両編



新型名阪特急『ひのとり』(近鉄80000系)ーレギュラー車両編



新型名阪特急『ひのとり』(近鉄80000系)ー サービス・ファシリティ編



高安検修センターに陸送された近鉄「ひのとり」を愛でる。赤い車体は宝石の様な美しさだった!



【近鉄】新型名阪特急「ひのとり」シート体験キャラバンに行ってきた!



近鉄が「ひのとり」「あやかぜ」を商標出願。新型名阪特急の愛称候補か?



 

 

開発コンセプトは~くつろぎのアップグレード



ライバルの新幹線が新大阪―名古屋間を約50分で結ぶ状況で、難波―名古屋間を2時間強で走る近鉄特急はスピードでは勝負になりません。そこで近鉄は2時間強の移動を快適に過ごせる様に、接客設備を大幅にアップグレードさせ「最上の寛ぎの時間」を提供する事で差別化を図る事にしました。スピードでは適わないので車両の快適性を大幅に引き上げ、新幹線に勝負を挑みます。

 

 

 

ひのとり VS 新幹線



ひのとり と新幹線の特徴を表にするとこんな感じです。圧倒的なスピードと運転本数を誇る絶対王者「東海道新幹線」に対して、勇者「ひのとり」は徹底的に磨き上げたサービスを安価で提供する事で勝負を挑みます。

 
ひのとり新幹線
普通車4,540円(レギュラー車両)6,680円(のぞみ指定席)
116cm バックシェル付き104cm※シートピッチ
ハイグレード車5,240円 (プレミアム車両)8,950円(のぞみグリーン車)
130cm・バックシェル付き116cm※シートピッチ
所要時間約2時間6分
※難波ー名古屋
約50分
※新大阪ー名古屋
運転頻度約2本/時
※ひのとり+アーバンライナー
約10本/時
付帯設備・カフェスペース
・ベンチスペース
・コインロッカー
・喫煙スペース
・自動販売機
・喫煙スペース
・自動販売機
 

 

 

従来の近鉄特急のイメージを打ち破る深い赤色のメタリック塗装



ひのとりのエクステリアは従来の近鉄特急のイメージを打ち破る、深い赤色のメタリック塗装「ひのとりレッド」が採用されました。窓回りは黒で縁取られ、サイドには濃い茶色の縞が配されており上質感が演出されています。赤いメタリック塗装は、アーバーンライナーの実車に試験塗装を施して色味をチェックするなど相当なこだわりを持って採用されました。

先頭車両は流線型のハイデッカー構造で、フロントに設けられた大きな一枚窓とずらりと並んだLEDの前照灯が特徴的です。自動車の世界ではLED照明の普及によりヘッドライトのデザインの自由度が高まり、いままでに無いデザインのクルマが登場しています。鉄道車両にも、その波が押し寄せてきた感じです。

【赤いアーバン】次世代名阪特急開発に伴う試験塗装が実施される。アーバンライナーPlusがメタリックレッドに変身!



 

 

 

 



ひのとりの形式は80000系、色はメタリックレッド、ロゴマークはゴールド。中国人が好きな末広がりの「8」、ゴージャスな「赤」、富を象徴する「金」など、さりげなくインバウンドを意識している・・・のかもしれません。

 

 

 


新幹線の真逆を行く「ひのとり」は側面窓がメチャクチャ大きいです。

 

 

 


レギュラー車両の窓も超大型です。

 

 

 

 


乗降ドアー付近の様子です。深紅のサイドビューは深みがあり、まるで宝石の様な美しさです。「ひのとりレッド」はエッジラインが映える塗装で光のあたりの方で生じる色の変化が強調されます。

 

 

 

 


側面表示機はフルカラーLED。

 

 

 

 

 


「ひのとり」のロゴマークです。

 

 

 

 

 


パンタグラフはシングルアーム式。6両編成に3カ所設置されています。

 

 

 

 

ひのとりPhotograph


2020年2月8日撮影。有料試乗会が行われ、抽選に当たった方々を乗せて「ひのとり」が走りました。

 

 

 


試乗会とは別に試運転も行われ、2020年2月8日時点で走行出来る3編成全てが稼働していました。

 

 

 


あ、「ひのとり」がおる!! 歓声を上げる子供たち。新しいヒーローが誕生した瞬間。

 

 

 


先進的でスピード感のある車体フォルム。気品のある特急のイメージは翼を広げて力強く飛翔する「ひのとり」を表現しています。

 

いよいよデビューが近づいてきた『ひのとり』。明日(2020年2月9日)はクラブツーリズムなどの旅行会社が企画した「試乗ツアー」が開催され、一般客を乗せて名阪間を走行します。

1 COMMENT

くぼけん

かっこいいー。つやつやですねー。窓周りの縞々が実に上品です。あと連結面側の妻部分、ピアノブラックで美しく塗装されてます。さすが近鉄特急!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE