【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

【2021年度運用開始】国内初の民営のロケット発射場は和歌山県串本町に決定!宇宙ベンチャーのスペースワンが発表


宇宙ベンチャーのスペースワン株式会社は、小型ロケットを打上げる射場の建設予定地として和歌山県串本町を選定したことを発表しました。計画が実現すれば、民間企業が建設する日本初のロケット打上げ射場となります。

スペースワンは、小型ロケットによる商業宇宙輸送サービスの提供を目的に、2018 7月にキヤノン電子、IHI エアロスペース、清水建設、日本政策投資銀行の4社の共同出資により発足した、ロケット打ち上げサービスを提供するベンチャー企業です。契約から打ち上げまでの期間について世界最短の約12カ月を目指す計画です。同社は、国内外の既存射場の借用、新規建設を選択肢として、ロケットの打上げ射場の候補地について調査していましたが、和歌山県・同県串本町及び那智勝浦町が打上げ射場の勧誘を行い、その結果、和歌山県串本町が選定されました。

【出典元】
小型ロケット打上げ射場の建設予定地の選定について

 

 

ロケット打ち上げが新たな観光資源に!国内初の民営のロケット発射場は和歌山県が有力候補、年間20回発射!



 

 

 

 

 

打上げ射場の概要

予定地 和歌山県東牟婁郡串本町田原地区周辺
主な建物・設備等 ロケット打上げ射点、ロケット組立棟、ロケット保管庫、人工衛星 組立棟、その他付帯設備
建設計画 2019 年 工事着工
2021 年 工事完工・運用開始

 

スペースワンの商業宇宙輸送サービスの概要(予定) サービス内容 人工衛星の地球周回軌道への打上げ サービスコンセプト 契約から打上げまでの「世界最短」と、打上げの「世界最高頻度」 をめざす、小型ロケットによる打上げサービス。 専用のロケットと射場で宇宙へのアクセスコストを下げ、宇宙ビ ジネスのさらなる拡大に貢献していく。 人工衛星 打上げ能力 太陽同期軌道(SSO)※:150kg(軌道傾斜角 97 度,高度 500km) 地球低軌道(LEO):250kg(軌道傾斜角 33 度,高度 500km) 年間目標打上げ機数 20 機(2020 年代半ば) ロケット概要: 基本構成:固体燃料 3 段式+軌道変更用液体推進系(PBS) 高さ:約 18m 重量:約 23 トン サービス開始時期: 2021 年度

 

 

 

 

スペースワンの商業宇宙輸送サービスの概要(予定)


スペースワンのサービス内容は、人工衛星の地球周回軌道への打上げです。契約から打上げまでの「世界最短」と、打上げの「世界最高頻度」 をめざす、小型ロケットによる打上げサービスを提供します。 専用のロケットと射場で宇宙へのアクセスコストを下げ、宇宙ビ ジネスのさらなる拡大に貢献していく計画です。

ケット打ち上げは東南アジア各国では見る事が出来ないので、希少性も抜群です。大阪都市圏からほど近く関空からのアクセスも良い、和歌山県の打ち上げ場は新たな観光資源としても有力です。サービスが軌道に乗り年間20回も発射されれば、新た化観光資源として売り出せそうです。


1:人工衛星 打上げ能力
太陽同期軌道(SSO)※:150kg(軌道傾斜角 97 度,高度 500km)
地球低軌道(LEO):250kg(軌道傾斜角 33 度,高度 500km)

2:年間目標打上げ機数: 20 機(2020 年代半ば)

 

3:ロケット概要
基本構成:固体燃料 3 段式+軌道変更用液体推進系(PBS)
高さ:約 18m 重量:約 23 トン

4:サービス開始時期: 2021 年度


3 Comments

神奈川県人

和歌山から宇宙に夢を乗せてロケットの発射。素晴らしいです。この周辺に道の駅やスーパー、宿泊施設、地元特産の観光施設も多くできると良いですね。

谷町百丁目

これは嬉しいニュースです。
惜しむらくは、すさみ串本道路が2021年の時点では開通していないため自動車アクセスが不便ということでしょうか。しかし既に着工はされているので、それほど大きなタイムラグなしに開通が実現すると思われます。
また、有田~御坊~印南の4車線化は2021年頃には完成しているはずなので、南紀方面へのアクセスは少なくとも今よりは確実に改善されているでしょうね。

おろろN

遂に関西・東海から鉄道か車で日帰りできる場所にロケット打ち上げ施設が現実のモノになるとわ!
これは打ち上げの度に詣でねばなりません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。