【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

JR西日本が簡易型IC端末の提供開始!低コスト化で小規模交通機関への導入を促進しキャッシュレス化を推進!


JR西日本とJR西日本テクシアは、ICOCAの利用可能エリアのさらなる拡大に向け、簡易型IC端末の開発を進め2022年度内の提供開始を予定していることを発表しました。

同社グループは、2021年春からバス・地域鉄道向けに車載型ICOCA端末を展開を進めていますが、さらなる拡大を図るべく、コストなどの面で導入が難しい小規模な交通機関向けに現行のIC車載器から必要な機能に特化した簡易型IC端末を開発しました。この端末の導入により、バス・地域鉄道点けICOCAシステムを導入している交通機関から、コミュニティバスやデマンドタクシーなどへの乗り継ぎ割引サービスなど、シームレスな輸送サービスが提供可能となります。

【出展元】
→JR西日本>バス・地域鉄道へのICOCA展開の取り組み~簡易型IC端末の導入について~

 

 



新たに開発した端末は、現行のIC車載器に比べ、よりコンパクトで携帯使用にも対応。一方で定期券には対応しないほか、多区間運賃精算は手入力による精算が必要となります。交通系ICカードの導入については、導入コストが高額た為、二の足を踏む事業者が多いですが、今回の簡易端末であれば、路線バスのその先まで交通系ICカードの勢力範囲を広げる事が可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。