【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

ヤフオクドーム大幅改修計画が始動、次世代型複合エンタメ空間の創出 「FUKUOKA超・ボールパーク宣言」。敷地内に自社ビル、2020年春開業へ


ソフトバンクは2018年4月10日付のニュースリリースで、ヤフオクドームの大幅改修計画を発表しました。FUKUOKA超・ボールパーク宣言」として、本拠地ヤフオクドーム(福岡市)敷地内での自社ビル建設と、同ドームの改修を行う事が明らかになりました。今年は球団創設80周年、来年は福岡移転30周年の節目にあたります。

 

【出典元】
2019年 福岡移転30周年 福岡ソフトバンクホークスの決意。 次世代型複合エンタメ空間の創出を! 「FUKUOKA超・ボールパーク宣言」

 

 

 

 

1.「エンターテインメントビル(仮称)」 概要

 

ヤフオクドーム敷地内に「エンターテインメントビル(仮称)」が建設されます。このビルはヤフオクドーム3階部分となるデッキ(外周通路)に接続する形で建設され、各フロアには、リニューアルオープンされる「王貞治ベースボールミュージアム」をはじめ、「スポーツ」・「知的好奇心」に新たなテクノロジーを加えたエンターテインメント施設、「食」のエンターテインメント施設など、世界中の最先端エンターテインメント施設の研究に基づいた様々な革新的エンターテインメントコンテンツが展開される予定です。

 


 

 

 

 

ホークスビジョン改修/立体音響システム導入

 

現在、5つの映像表示装置で構成されている世界最大の屋内表示装置「ホークスビジョン」もパワーアップします。中央部分の表示装置を改修し、高輝度・高解像度の映像をシームレスに表示できる装置へと進化。また、球場内スピーカーを刷新し、明瞭性を高めた重低音サウンドを実現。臨場感あふれる音響と世界最大の表示面積を活用したハイクオリティ映像を駆使することで、さらにエキサイティングな空間を演出するとしています。現在の「ホークスビジョン」5面合計の表示面積は1542.83㎡。屋内施設設置のビジョンとして表示面積世界最大の施設です。



 

 

 

スタンド席 大規模増席改修

 

野球興行時収容人員40,000人超えを目標に、座席大規模改修を行います。外野エリア(現在の「王貞治ベースボールミュージアム」部分)の座席化改修などをメインに、快適性や利便性を損なうことなく観客席を増席し、バラエティ豊かな観戦空間をご提案します。
※2018
年度 野球興行時収容人員 38,530

 



 

 

 

コンコース(球場内回遊通路)改修

ヤフオクドームを回遊できるコンコース通路を全面的にリニューアルいたします。
「エンターテインメント」、「スマート」、「アメイジング」をキーワードに非日常感を演出し、利便性が高く、スタンドに入る前のワクワク感を高揚させる空間として、エンターテインメントコンテンツの導入、壁面・床面のリペインティングなどを実施しデザインを一新します。

 


 

 

FUKUOKA超・ボールパーク宣言!

 

FUKUOKA超・ボールパーク宣言」は、福岡 ヤフオク! ドーム周辺に、従前のボールパークの枠にとどまらない、1365日のすべてで、非日常・革新的な次世代型の複合エンターテインメントを体感できる空間を創出しようとするものす。福岡ソフトバンクホークスは、球団創設100周年となる20年後、さらにその先と、ファンの皆様と感動や喜びを共有し、永きに亘って皆様に愛される「世界一のエンターテインメント企業」を目指すとともに、地域に根ざした企業として福岡市の魅力アップへ貢献したいと考えます。

 

 



 

 

 

1 Comment

waraushi

福岡ドームの球場演出は一見の価値ありです。
LED照明による機動的な照明演出、スポットライト、
ホークスビジョンでの迫力ある映像演出、打ち下ろし花火にルーフオープン。
隣のホークスタウン再開発と合わせて楽しみな開発が続きます。

大阪ドームも、ビジョンを大型化してリボンビジョンをぐるっと1周作れば
サイバーな空間ができそうなものですけれど・・・

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。