【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

【12月15日オープン】京阪枚方市駅が無印良品デザインでリニューアル完成!ー改札外コンコース編



 

京阪ホールディングスは2017年11月7日のニュースリリースで、京阪本線の枚方市駅を「無印良品」を展開する良品計画のデザインでリニューアルすると発表しました。良品計画が駅デザインを手がけるのは今回が初めてです。

京阪グループは中期経営計画「創生果敢」における主軸戦略の1つとして「沿線再耕」を掲げており、駅を中心に沿線の「くらしの価値」を高める事に主眼に置き、沿線を新たにデザインする事に取り組んでいます。その中でも「枚方市及び周辺エリアの再開発」は最重点プロジェクトに位置づけられており、枚方の歴史や地域性も踏まえながら、駅全体の魅力と価値を向上させ、中核市の顔として相応しい駅えと再生する取り組みを行っています。

 
 

【12月15日オープン】京阪枚方市駅が無印良品デザインでリニューアル完成!ー改札内コンコース編



【12月15日オープン】京阪枚方市駅が無印良品デザインでリニューアル完成!ーひらかた もより市編



 

 

 

 

 

 

 


枚方市駅リニューアル・グランドオープン特集、3回目の今回は改札外コンコースの様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


券売機付近の様子です。

 

 

 

 

 

 

 


改札外コンコースは「広場」の位置付けで、上の写真の様なワゴン販売が多数行われていました。

 

 

 

 

 

 

 

 


コンコースの両端には大量の観葉植物が植えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

デジタルサイネージも多数設置されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 


「もより市」のコンビニとベーカリーの入り口付近の様子です。ベーカリーは大繁盛で行列ができていました。

 

 

 

 

 

 

 


改札外のガラス窓から、改札内の「マーケット」のイートスペースを見る事ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 


コンコース端の休憩所の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 


こんなオブジェが置かれていました。

 

 

3回にわたってご紹介してきた「京阪枚方市駅」のリニューアル後の姿、いかがだったでしょうか?無印良品プロデュースという事で気になっていましたが、出来栄えは上々でオシャレ感が演出できていると思いました。リニューアルコンセプト「いつも使いたい、一度は1行ってみたい駅」は、良質なデザインの中に普段遣いのスーパーなどが盛り込まれ、上手く体現できていると思いました。京阪枚方市駅の駅前には、ツタヤの旗艦店枚方T-SITEがオープンするなど、駅周辺のイメージはどんどん変わっています。今後も駅周辺の再開発が続く予定なので、枚方市駅は「住みたい駅」のブランド力を持つ様になるかもしれませんね。

 

オープンした枚方T-SITEの夕景〜夜景が最高に綺麗!まさにカルチャーの殿堂。一見の価値がある凄いビルでした!



 

枚方市駅周辺再整備基本計画アドバイザー公募、優秀者4グループを選定。枚方市駅周辺が未来都市に!?



 

 

4 Comments

ぽてちん

T-SITEを含め、普段利用する駅や駅前がこんな素敵な施設になると、少しづつ何となく日常が変化して生活が楽しくなりますね。私のような普通のおじさんでもおしゃれな人間になったような錯覚を起こしてしまいそうですね。

匿名

凄くいいリニューアルですね〜
毎日こんな洗練された駅を使える人たちが羨ましいです。

アリー my dear

枚方市駅のリニューアル、上出来だと思いました。これはいいo(^o^)o

カルル

 この枚方市駅の開発とリニューアルは駅前のT-SITEと併せて全国から視察に来られる程

の出来栄えではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。