【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

九州新幹線長崎ルート 新たな建設費の試算。フル規格は年間86億円の黒字、ミニは1億円の黒字

国土交通省は2019年3月7日に、九州新幹線長崎ルートの建設費などの新たな試算をまとめました。それによると 、佐賀県の新鳥栖から武雄温泉の区間について、フル規格で建設した場合、建設費は6200億円、在来線の線路を利用するミニ新幹線でおよそ2700億円。また、複線ではなく単線とした場合では、フル規格でおよそ5400億円、ミニ新幹線でおよそ1800億円との事です。

 

 

年間収支はフル規格が圧倒的に優勢

出展;国土交通省

在来線の特急と比べた年間の収支は、フル規格の複線の場合で86億円の黒字、ミニ新幹線の複線では1億円の黒字、単線では9億円の黒字との事です。九州新幹線長崎ルートは長崎〜武雄温泉館66kmがフル規格で建設中で2022年度の開業を予定しています。

長崎ルートは、JR九州と長崎県がフル規格を要望する一方、佐賀県が追加の財政負担などを理由に反対していており、調整が難航しています。長崎県内がフル規格で建設中である事や、開通後の収支見込みから考えると、全線フル規格での建設が望まれます。

 

5 Comments

暴走快速

続報
佐賀県現知事は
「県負担ゼロでもフル規格は認めない」と発言。
むしろ在来線を重視する姿勢を示した。
そもそも経営分離の結果を見ればフル規格なんぞますます受け入れられない罠。

暴走快速

佐賀県にとってはフル規格で建設するメリットよりもデメリットの方がデカい。
だからこそフリーゲージを希望していた。
長崎県も佐賀県分を負担するなり法整備を訴えるなり何らかの手があるハズなのに
「佐賀県がカネを出さない」とダダをこねる様では話にならないw
長崎新幹線はどの道行き詰ってる。当面新鳥栖~武雄温泉間はフルで建設される事はない。

ak

佐賀県が渋るのも致し方ないとは思うけどフルで作ってほしい

再都市化大ファン

フル規格での整備以外ありえないと思ってますが、これだけ進展しない状況が勿体なすぎる。通過自治体の負担の話なんて何十年も前から法整備できたはずなのに。

アリー my dear

長崎ルート、なかなか進展がありませんね…一日も早く動き出してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です