【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

関空の新国内線エリアが2022年10月26日オープン決定!新国内線ラウンジはANA、JAL供用、T1大規模リノベーションの第一弾



関西エアポート社は2022年8月25日付けのニュースリリースで、大阪関西万博に向けて大規模リノベーション工事が行われている、関西空港第1ターミナルビルの新国内線エリアのオープン日が2022年10月26日に決定したと発表しました!

関西空港は、万博が開幕する2025年春までに空港全体での国際線旅客の受け入れ能力を、現在の年間3000万人から4000万人に引き上げる大規模改修を行っています。

今後は一連の大規模リノベーションの皮切りとなり、国内線エリア改修ののち、国際線エリアのリニューアルが行われ、新国際線商業エリアについては、2023年冬にオープンする予定です。

【出展元】
関西国際空港 新国内線エリア10月26日(水)オープン! ~フードコート「Tasty Street」等は先行して10月1日(土)にオープンします~

関西国際空港 T1 リノベーション工事(第1旅客ターミナルビル改修)の状況 21.07



今後のスケジュール
・2022 年 10 月 1 日(土) 一般エリアの商業施設オープン
・2022 年 10 月 26 日(水) 新国内線エリアオープン
・2023 年冬 新国際線商業エリアオープン
・2025 年春 グランドオープン
・2026 年秋 新国際線商業エリア拡張

 

1:国内線エリアを縮小し再配置


関西空港の第1ターミナル(以下、T1)は、コロナ禍前にインバウンドの急により受け入れ能力の限界を迎えていましたが、国際線出発エリアの混雑国内線施設のキャパシティと利用実態の乖離 、国際線手続き施設の南北分散といった課題を抱えています。

T1施設の取り扱い能力は、国際線1200万人・国内線1300万で設計されました。その後、施設の小規模な変更がありましたが2018年度の実績は国際線2060万人・国内線400万人と、施設と利用実態に大きなギャップが発生、国際線は大混雑、国内線は空いている状態となっています。その為、主力のT1を改修し国際線施設の大幅増強を行い急増する需要に対応する事になりました。

 

 

2:国内線出発口を2F南1ヵ所に集約


今回のリノベーションにより、各航空会社のチェックインカウンターならびに出発口・到着口などの位置も変更されます。国内線出発口を2F南1ヵ所に集約し、 保安検査場にスマートレーンを導入(6台)します。

 

3:国内線到着口が、1F南に移動



 

国内線到着口が、1F南に移動します。

 

4:新商業エリア(一般エリア)は10月1日にオープン!



新商業エリア(一般エリア)は、一足先に10/1(土)オープンします。7店舗が出店(飲食6店舗、物販1店舗)10/1(土)オープン • 7店舗が出店(飲食6店舗、物販1店舗) 。

フードコート「Tasty Street」には、杵屋麦丸 (セルフうどん)、たこ焼割烹たこ昌 (たこ焼・明石焼)、まいどおおきに関空食堂 (和食)、どうとんぼり神座 (ラーメン)、カレーハウス サンマルコ (カレー レストラン)など、定番でハズレが無さそうなテナントが並びます。少しはなれた北側にマクドナルド (ファーストフード)、ココカラファイン (ドラッグストア)が出展します。

 

5:新商業エリア(保安検査後のセキュリティエリア)



保安検査後のセキュリティエリアの新商業エリアは、10/26(水)オープンします。6店舗が出店(飲食4店舗、物販2店舗)します。

 

 



天ぷら 圓堂 (天ぷら専門店)、サンマルクカフェ+R (カフェ&バー)、Japan Traveling Restaurant® by BOTEJYU® (日本全国ご当地グルメ)、ぼてぢゅう® 1946 (お好み焼、たこ焼、大阪グルメ)、関西旅日記 (土産 〔菓子・食品・酒・雑貨〕 )、ローソン (コンビニエンスストア)が並びます。

 

6:新国内線ラウンジはANA、JAL供用!


新国内線ラウンジの名称は「ラウンジKANSAI」でANAJAL供用となり、機場が見える開放的な施設となります。

1 COMMENT

七味

改修後の方が効率はよいのでしょうが、鉄道駅への移動距離が増えそうなので
どれくらい遠くなるのかが気になります。

私はJALの上級会員なんだけど、ここ数年、関空の国内線は羽田からの到着に
しか使ってないので新しいラウンジ使うことは当分ないなぁ。
今の国内線さくらラウンジは閉鎖空間なので外が見えようになるのはよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。