MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

JR西日本が京都・神戸線などに「225系」144両を新製投入。221系は大和路線・おおさか東線に転属し201系を置き換え!


出展:JR西日本 最新型の225系100番台

JR西日本は2020年2月19日付けのニュースリリース、京都線・神戸線などに「225系」を新製投入し、「223系」への車内ディスプレイ設置を実施すると発表しました。2020年度~2023年度にかけて、225系が144両投入される予定です。

【出展元】
→JR西日本>在来線車両の新製投入・車内の情報提供の充実

 

 

 

th_IMG_0743_20161230110541bf7.jpg

大和路線で活躍中の221系。京都・神戸線から転属し、さらに勢力を拡大する事に

225系の投入に伴い、京都線・神戸線の快速で使用されている「221系」は、大和路線・おおさか東線に転属します。これにより国鉄時代から使われてきた「201系」の全車が引退する事になりました。

 

 

 



大和路線・おおさか東線の201系が221系で置き換えられる理由は、うめきた新駅の開業を控えている事や、ホームドアの設置などから3ドア車への早急な統一が必要になってきた為、と推測されます。直接新車を投入して201系が置き換えられなかった事は残念ですが、費用対効果から考えて、京都・神戸線への新車投入に舵が切られました。

 

 

223系330両に車内ディスプレイを設置!



225系の新製投入に加え、JR京都線・JR神戸線等で活躍する223系に車内ディスプレイを設置し、車内における情報提供の充実を図ることが発表されました。

車内ディスプレイはドアの上に運行案内と広告用が3面づつ、合計6カ所設置されます。4カ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)に対応し、運行案内と広告に加え、輸送障害の発生時に運行情報が提供されます。3月中旬から車内ディスプレイの設置を開始し、2021年度までに330両に設置予定となっている。投資総額は約20億円です。

 

 

車内ディスプレイはドアの上に運行案内と広告用が3面づつ、合計6カ所設置されます。

 

4 COMMENTS

大和路にゴミばかり押しつけられて怒りしか覚えない。

埼玉県生まれの奈良市民

私は妥当な判断だと思います。
221系は吹田総合車両所奈良支所・京都支所、網干総合車両所本所に配備されてますが、この配置転換により吹田総合車両所に集中配備することになり、整備の面で効率化、運用の面で統一化を図ってダイヤを組みやすくなるのではと思います。
おそらく201系は使いにくいのでしょう。4扉であるだけでなく、車体が重く、回生ブレーキがあると言っても電機子チョッパ制御のため、高速域ではブレーキで発電された電気を熱にする必要がありますので、省エネ効果も低いです。
また、網干でも223・225系にすることで整備面で有利になります。221系のような塗装車が激減しますので。
網干の221系に性能を合わせた223・225系6000番台は、最高130km/hに改造されて、快速も130km/h運転になるかもしれません。

某京都府民

おそらく223系自体が、やや老朽化しているという事情もあるでしょうね。どうしても新快速の運用は、負担が大きくなると思いますし。

再都市化大ファン

大和路線住民としては残念なニュースです(>_<)
201系がなくなること。お古を押し付けられること。221系だけになること。
阪和線、京都線、神戸線が大事なのはもちろんですが大和路線にももう少し力を入れてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です