【再都市化ナレッジデータベース】

JR東海・近鉄・養老鉄道 桑名駅のリニューアル、自由通路は2020年8月30日(日)から開始!


JR東海・近鉄・養老鉄道は2020年7月3日付けのニュースリリースで、2017年から開始された桑名駅の駅舎改築及び自由通路新設工事について、2020年8月30日(日)から供用を開始すると発表しました。

【出展元】
桑名駅の駅施設が自由通路の供用開始に合わせ、新しくなります
関西本線 桑名駅 駅舎改築及び自由通路の供用開始について 

 

 

 


駅自由通路が完成することで桑名駅の東西を自由に通行できるようになります。あわせてJR桑名駅、近鉄及び養老鉄道の桑名駅が自由通路に面する形で移設されます。

橋上駅舎と東口・西口をつなぐ自由通路は延長約176m、幅員6m。車いす対応エレベーター2基(東口・西口各1基)とエスカレーター1基(西口)を備えます。

 

 


JR東海側の駅舎は面積約1,600㎡、車いす対応エレベーター2基(上下ホーム各1基)、エスカレーター4基(上下ホーム各2基)、改札内に多機能トイレを備えます。

 

 

近鉄・養老鉄道側は面積約1,400㎡。車いす対応エレベーター3基(近鉄上下ホーム各1基、養老鉄道1基)、エスカレーター2基(近鉄上下ホーム各1基)、改札内に多機能トイレを備えます。

また、市を象徴する名産品「桑名のはまぐり」をイメージしたタイルが、近鉄コンコースおよび男女トイ レに設置されます。名産品のPRを通じた地域への貢献と、桑名を訪れるお客さまへのおもてなしの意 味を込めた近鉄の取り組みです。

 

駅改良に合わせて養老鉄道専用の改札口が新たに設置されます。近鉄のコンコースを経由することなく、直接乗車が可能となります。また、新たに車いす対応エレベーターの供用も開始し、自由通路階から改札口の位置するホーム階への移動がスムーズになります。

 

 

 



今回の改良工事により分散していたいJR・近鉄・養老鉄道の各改札口が自由通路上に並ぶので、利用者の利便性は大幅に向上しそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です