MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

JR西日本が岡山・備後エリアに227系をベースとした新型車両 101両を導入すると発表!2023 年度以降、順次導入


筆者撮影:和歌山線に投入された227系1000番台

 

JR西日本は、2021年11月18日付けのニュースリリースで、岡山・備後エリアの山陽線などに227系をベースとした新型車両を導入すると発表しました!2両編成と3両編成の計 101 両で、2023 年度以降、既存車両と順次入れを行いつつ、順次導入される予定です。新型車両の詳細仕様、色・デザインは別途検討し、決まり次第随時発表するとの事です。

【出展元】
岡山・備後エリアへの新型車両導入について

JR西日本227系電車1000番台(外観編)



 

 

 


筆者撮影:227系1000番台の車内

227系はの基本仕様は、JR西日本の主力車両である225系をベースにワンマン運転に対応させた車両で、和歌山線などに投入された1000番台の車内はオールロングシートとなっています。先頭部のデザインは、5213次車以降に採用された最近のJR西日本の標準デザインに準じています。岡山・備後エリアに導入される新型車両のシートがクロスシートになるか、ロングシートになるかは不明ですが、最近の新型車両が採用している、標準仕様を組み合わせた車両になると思われます。

 

JR西日本227系電車1000番台(車内編)

2 COMMENTS

たった101両じゃ岡山支社の現存233両を置き換えるには足りないのではないでしょうか。
足りない分は減車減便して広島支社の227系を転属させるつもりではないかと思います。

再都市化大ファン

国鉄車両達が頑張っている岡山駅もついに引退の波がきましたね。やくももどう変わるか。楽しみでもあり寂しくもあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です