MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

「心斎橋プラザビル本館」等の建替え計画の状況 21.09  解体工事が本格化!【2024年竣工予定】

ヒューリックが2019年2月1日に公開した201812月期決算説明会資料の中に「心斎橋PJ」の記述があり、同社が大阪・心斎橋に商業とホテル等で構成された超高層ビルを計画している事が明らかになりました。

新ビルの規模は地上31階、地下3階、延床面積約54,000 、ホテル・商業で構成された複合ビルで、2024年の竣工を目指しているとの事です。計画地は「心斎橋プラザビル本館」を含む4棟で、心斎橋新橋交差点北東側の一等地です。これらのビルはヒューリック(持ち分比率58%)、竹中工務店(同20%)、JR西日本不動産開発(同15%)、大丸松坂屋百貨店(同7%)の4者が共同所有しています。

※アリー my dearさん、福島区民さんから情報をいただきました、ありがとうございました!

【出展元】
ヒューリック株式会社 2018年12月期決算説明資料

 

 

大丸松坂屋百貨店が心斎橋プラザビル本館など4棟の共有持分を取得。ヒューリック、竹中工務店、JR西日本不動産開発と共に再開発を計画か?



 

 

 


ルイ・ヴィトン ジャパン(LVJ)が建設した(仮称)大阪Mプロジェクト

「心斎橋プラザビル本館」には、ルイ・ヴィトンが入居していましたが、ルイ・ヴィトン ジャパン(LVJ)が同じ心斎橋エリアの御堂筋沿いに複合ビル、(仮称)大阪Mプロジェクトを建設し、2020年2月1日に「心斎橋プラザビル本館」から移転しました。また、2021年5月20日には「カルティエ 心斎橋ブティック」がアップルストア心斎橋の向かい側、心斎橋2丁目の御堂筋ダイヤモンドビルに移転しました。主要テナントが移転したので「心斎橋プラザビル本館」を含む4棟を解体し、跡地に新ビルを建設する、再開発計画が本格的に動き始めました。

 

ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 日本最大店舗で世界初のカフェ&レストランを併設【2月1日オープン】



 

 

 

 


御堂筋沿いの超高層ホテル・・・といえば、最近なら「W OSAKAW大阪)」が真っ先に思い浮かびます。W OSAKAの規模は、地上31階、地下1階、延床面積35,887.97㎡です。ヒューリックの発表にあった新ビルの規模は地上31階、地下3階、延床面積:約54,000 との事です。全階がホテルの「W OSAKAW大阪)」とは異なり、「心斎橋PJ」の新ビルは低層部が商業施設となり、その部分の階高が高くなる事が予想されるので、高さは「W OSAKA(W大阪)」よりも少し高い130m程度になるのではないでしょうか。延床面積も5.4万㎡で、これはオービック御堂筋ビルと大体同じです。

 

 

W OSAKA(W大阪)マリオットと積水ハウスが御堂筋沿いに建設中のWホテルの状況 21.01【2021年3月16日開業】



【2020年01月竣工】オービック御堂筋ビル(ザ ロイヤルパークホテル大阪御堂筋)の建設状況 19.11



 

 

 

解体工事が始まる



解体工事に関する保険関係の成立票です。発注者はヒューリック、竹中工務店、JR西日本不動産開発、パルコの4社で、工事期間は2020年10月1日〜2022年9月末までとなっています。2022年10月頃に着工、工期24ヶ月で2022年末〜2025年春頃に竣工するのではないでしょうか?竹中工務店が持ち分比率20%を持っているので、同社と縁の深いラグジュアリーホテルを勧誘するかもしれませんね。パークハイアット大阪心斎橋・・が来てくれないかな(希望)

 

 

 

2021年9月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年7月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 



西側から見た様子です。屋上に解体用のタワークレーンが設置されました。

 

 


北西側から見た様子です。

 

 


北側から見た様子です。

 

 


最後は南東側から見た様子です。

 

2021年7月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年6月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 


南側から見た様子です。建物全体が解体足場に囲まれました!

 

 


南東側から見た様子です。

 


西側から見た様子です。

 


北西側から見た様子です。カルティエ側でも解体足場の構築が進んでいます。

 

 


最後は北東側から見た様子です。

 

 

2021年6月の状況


現地の様子です。「心斎橋プラザビル本館」などに養生ネットが取り付けられ、解体工事が本格化してきました!

 


アップ見た様子です。足下周りに解体足場が組まれています。

 

 


西側から見た様子です。

 

 



 

先日お伝えしましたが、カルティエは、2021年5月20日(木)に「カルティエ 心斎橋ブティック」をこれまでの心斎橋プラザビル新館からアップルストア心斎橋の向かい側、心斎橋2丁目の御堂筋ダイヤモンドビルに移転しました。こちらの再開発と連動した動きだと思われます。

 

「カルティエ 心斎橋ブティック」が移転リニューアルオープン!だまし絵の様なデザインのファザードは一見の価値あり!



 

 

 

 


計画地を北側から見た様子です。

 

 

 



再開発に竹中工務店が参画しているので仮囲いには同社が手掛けた近鉄の「あべのハルカス」が描かれています。そしてこの再開発計画には、心斎橋近くに駅がないJR西日本不動産開発が何故か参画しています。バックボーンを知っていると『カオス過ぎる!!』と思えるイラストです。

 

 

 


撮影ポイントを変えて南東側から見た様子です。

 

 

 


計画地の南東側にあるステップは再開発に参加しない様子ですね。

 

2020年4月の様子


現地の様子です。心斎橋プラザビル本館に入居していたルイ・ヴィトンは、先日オープンした新店舗「ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋」に移転しました。

 

 


西側から見た様子です。

 

 


北西側から見た様子です。

 

 


近くで見た様子です。本館はテナントの退去が進んでいます。

 

 

 


ルイ・ヴィトン跡の様子です。装飾が取り払われ寂しい感じになりました。

 

 

 


ルイ・ヴィトンの新店舗の開店は、心斎橋プラザビル等の再開発計画と密接に繋がっています。

 

 


最後は南東側から見た様子です。

 
 

 

 

12 COMMENTS

アリー my dear

カルティエの移転が完了したプラザビル新館も足場が組まれだしましたね。
いよいよ本格的な解体が始まります。

アリー my dear

既存ビル解体後の跡地に新たに建設される建物の高さもさることながら、入居するホテルブランドがどこか? こちらもいろいろ考えて想像してみるのもまた楽しいです(^_^)

よし

素敵!!楽しみです
話変わりますが
長堀は鰻谷がなければもっと開けると思う

アリー my dear

どうなるかはわからないですけど、楽しみにしたいですね。

アリー my dear

そういえば…これは余談なんですけど、ルイヴィトンの新ビル建設現場(仮称)大阪Mプロジェクトのすぐ隣、『ドルチェ&ガッバーナ』が店舗改修工事を終えてリニューアルオープンしたそうですよ(╹◡╹)

匿名

マンションにならずに良かった良かった。

三刀流

御堂筋がますます魅力的な通りになりますね。側道の歩道化に合わせ、それに連なる広い公開空地が生まれるのを期待します。商業施設とホテルのほかに劇場か大ホールが入ってほしいです。

匿名

高層ビルだらけの梅田周辺よりも
高層ビルが少ない心斎橋のほうが今後数年の景観の変化は大きそうですね

アリー my dea

建設されるビルの高さも気になりますけれど、入居するホテルも何になるのか?
外資系の最高級ホテルをお願いしたいですね( ◠‿◠ )!

ぽてちん

ここの開発はもう少し先になるのかなぁと思ってました。万博に間に合わせるのでしょうね。
とても目立つ場所なので心斎橋のランドマークとなるようなデザインの凝ったビルに仕上げてもらいたいです。

匿名

こうやって一等地の土地を集約化して高度利用してもらえるのは嬉しいですね。

あのエリアで明らかに場違いな上に店外まで商品を置いて歩行者に迷惑をかけてるStepも一体的に開発してほしいです。

谷町百丁目

おおむね誰もが予想した通りの計画といったところでしょうか?
次世代の心斎橋の象徴となるような、エレガントでラグジュアリーなビルになってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です