MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

淀屋橋ツインタワー構想『淀屋橋駅西地区都市再生事業 』の状況 21.06【2025年竣工予定】


大和ハウス工業、住友商事、関電不動産開発は2020年8月6日付けのニュースリリースで、大阪市中央区北浜四丁目で事業を推進する「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」市街地再開発組合に参画すると発表しました。計画地は淀屋橋交差点の南西角の一帯で、大阪のメインストリートでありビジネスの中心である御堂筋の玄関口に立地しており、北側は、水と緑豊かな環境で大阪の文化・行政・産業の中心である中之島地区に隣接しています。

市街地再開発事業の施行により敷地及び建物を共同化し、大阪の国際競争力の強化に資するハイグレードなオフィスを用意、低層部には、御堂筋の上質なにぎわいを創出する商業機能を導入する計画です。

また、水辺の新たなにぎわいを創出する環境整備を行い、環境負荷低減、防災性の向上に資する建物を整備。2021年工事に着手し、建物は2025年竣工を予定しています。

【出展元】
大和ハウス・住友商事・関電不動産、「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」の市街地再開発組合を設立

 

 

【2024~25年完成予定】大阪・淀屋橋ツインタワー計画の西側敷地の完成イメージパースが公開!



 

計画概要


事業名称淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業
施行者淀屋橋駅西地区市街地再開発組合
所在大阪市中央区北浜4丁目1番他
施行地区面積約 1.7ha
敷地面積約 7,200  ㎡
延べ面積約 131,800   ㎡
主要用途事務所、店舗、駐車場等
階数/建物高さ地上 28 階・地下 2 階/約 135 m

2019 8都市計画決定
2020 7淀屋橋駅西地区市街地再開発組合設立認可
2021権利変換計画認可(予定)
工事着手(予定)
2025建物竣工(予定)
 

 

 

再開発のポイント



1.大阪の国際競争力を高めるハイグレードオフィスの整備

大街区化によるワンフロア貸室面積3300㎡(1,000坪)を超える大阪最大規模のオフィス空間、 土佐堀川や御堂筋の眺望が得られる快適で潤いのある執務環境、充実したビジネスサポ ート機能の導入、非常用電力をはじめ高いBCP性能など、大阪を代表するハイグレー ドオフィスを整備。

2.御堂筋の玄関口にふさわしい上質なにぎわいの創出

低層部(1階・2階)には御堂筋の玄関口に ふさわしい商業店舗を導入し、歩行者空間と一 体となった風格あるまちなみと上質なにぎわ 空間を創出。大阪メトロ淀屋橋駅と地下接続し、バリアフリー 化・利便性向上を図るとともに、駅から連続した、ターミナルにふさわしい地下商業空間によ るにぎわいを創出する。

 

 

 



3.水辺の新たなにぎわい拠点の創出と回遊性の向上


御堂筋に面した高さ50mの基壇部屋上階(地上11階)に、一般の方も利用できる眺望空間(基壇部屋上庭園、カフェラウンジ等)を整備し、中之島を一望できる新たなVIEW SPOTを創出する。土佐堀通側の敷地内のオープンスペース整備や、土佐堀川に面した水辺の溜まり空間 など大川町公園の再整備により、エリアのシンボルとなる水辺の新たなにぎわい拠点を創出するとともに、中之島を中心とした水辺の回遊性の向上を図る。

 

 

4.環境・防災・エリアマネジメントでの先導的な取り組み


街区を跨いだエネルギーの面的利用(融通)や再生可能エネルギーの導入により、エ リアとしての環境負荷低減を図る。災害時の周辺街区や公共空間への非常用電力の融通や帰宅困難者が一時滞留できる 環境整備(スペース、備蓄等)により、淀屋橋駅を中心としたエリアの防災性能の向上、 BCD(※)の構築を目指目指す。

※BCD:Business Continuity Districtの略。エネルギーの自立化・多重化により災害 時のエネルギー安定供給が確保される業務継続地区のこと。

 



大阪都心部ではインバウンド需要の高まりに伴いホテルの建設が相次ぎ、タワーマンションの需要が堅調だった事から、大型ハイグレードオフィスの新規供給が極端に少なくなっていました。最近になって淀屋橋ツインタワー構想の西側(135m)や東側(150m)、日本生命淀屋橋ビルの建て替え(123m)、(仮称)本町サンケイビルなど、オフィスビルの新規案件が数件浮上しオフィス不足解消に向けた動きが出始めています。コロナ禍の影響で着工延期を心配していましたが、この計画は当初のスケジュール通りに進められる事になりました。

今回の発表で、50m軒線付近に一般が利用できる屋上庭園が整備される事、土佐堀川沿いの遊歩道が再整備され、新たな親水空間が整備される事が明らかになりました。特に親水空間は、日銀やフェスティバルタワーを水辺で愛でる事が出来る最強のスポットになる予感がします。

 

2021年6月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年4月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 

 

 


南東側から見た様子です。

 

 

 


御堂筋沿いの様子です。小規模ビルに入居していたテナントの退去が進んでいます。

 


再開発街区にある石原ビル内の石原時計店も移転に伴う閉店セールが始まりました。

 

 

 


「ミズノ淀屋橋店」の様子です。再開発に伴い2021年6月30日に閉店します。

 

 


北西側から見た様子です。

 


最後は南西側から見た様子です。

 

 

 

2021年4月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2021年1月だったので、約3ヶ月振りの取材です。

 

 


南東側から見た様子です。

 

 


淀屋橋odona側、計画地南側の道路の様子です。電柱電線類の地中化工事が行われています。

 

 


南西側から見た様子です。

 

 


最後は北西側から見た様子です。

 

 

 

 

2021年1月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年12月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

 


北西側から見た様子です。前回からあまり変化が見られませんでした。

 


計画地西側にある雑居ビルの様子です。

 


南西側から見た様子です。

 

 


最後は御堂筋越しに見た様子です。

 

2020年12月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年10月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 


南東側から見た様子です。

 


北西側から見た様子です。前回の取材にべテナントの退去がさらに進んだ印象です。ビルの窓明かりもほとんと見えませんでした。

 

 

 


最後は、再開発とセットで親水空間の整備が行われる土佐堀側の様子です。

 

 

2020年10月の様子



現地の様子です。いよいよ追跡取材を開始します、ついにこの日がやってきました!!

 

 

 


北西側から見た様子です。再開発に向けてテナントの退去が進んでいます。

 

 


西側から見た様子です。小規模なテナントビルの土地を集約して大規模な再開発が行われます。

 

 

 

 


計画地の真ん中を東西に抜ける市道の様子です。既に閉鎖されています。

 

 

 

 


南西側から見た様子です。

 

 

 

 


一気に御堂筋を越えて南東側から見た様子です。

 

 

 

 


東側から見た様子です。

 

 


最後は大阪市役所前から見た計画地全体の様子です。

11 COMMENTS

アリー my dear

おはようございます(^_^)
ミズノが今月末で閉店しますが、この区画にある石原ビル内の石原時計店も昨日から移転のための閉店セールが始まり、来月20日までとのことです。
着々と再開発へとテナント退去が進んでいる模様です。

アリー my dear

おはようございます(^_^)
https://www.fashionsnap.com/article/2021-05-18/mizuno-yodoyabashi1927/

「ミズノ淀屋橋店」が営業終了へ、1972年に社屋として建設(FASHIONSNAP.COM)
ミズノが、淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業に伴い、1972年に当時の本社屋として完成したミズノ淀屋橋店を2021年6月30日に閉店すると発表した。創業者 水野利八氏の経営思想を象徴する建物として94年にわたって運営してきた。なお、2025年秋以降に完成予定の再開発ビル内に直営店を出店予定だという。

ぽり

追記
鉄ヲタの方向け情報として、有本家長兄は大阪〜神戸間の省線開業に合わせて駅員制服を納入。
ミリタリーマニア向け情報としては、
西南戦争の官軍制服を納入されています。

ぽり

ここのビル郡では美津野ビルディングと石原ビルディングが近代建築と認識されていますが、尚美堂ビルは社史とは違い1930〜1933年頃建設、戦後4F増築改修。江口淀屋橋ビルは高岡伸一氏は池田銀行淀屋橋支店として分類されていますが、1931〜1933年頃建設された元々MUFJ大阪ビルにあった日本人最初のテーラー有本一族の末弟が御堂筋建設に伴い330坪の屋敷から33坪に縮小移転し建てられたもので、ベージュのタイルは貼り替えられましたが、ほぼそのままです。御堂筋建設家屋移転補償、建設負担金徴収担当をされていた方で、元大阪府会議員、国会議員、老後は愛日地区会長をされていて、旧市役所裏にあった豊國神社の鳥居はこの方の寄進で建てられ、現enoco(工業奨励館別館)の建設費も寄付されています。朝日ビルディングの旧ショッピング街は美津野、高麗橋渋谷と有本の提案で高級ショッピング街と設置されましたが、バッタモン業者が増え、大阪駅専門大店として移転した時には参加しませんでした。出身地の舞鶴以外にも京都府各地に高校建設費を寄付され、母校も有本氏の寄付金で設立されましたので、複雑な心境ですね。

再都市化大ファン

ここまで複数のビルの一体開発は珍しいですね。雑居ビルの密集も味がありますが、集約しやすい制度がさらに整ってそれに伴って緑地とかも増えいけばいいですね

三刀流

地図で見たら、再開発予定地には11棟のビルが建っています。これを一つのビルにするのですから、夢みたいです。よくまとまったものだと思います。容積率のボーナスや路地の市道の提供を受けるなどのメリットが大きかったのでしょう。これをモデルケースに今後の再開発を進めてもらいたいものです。

ぷんぷい

東西ともほぼ同時進行なんですね。日生や三菱UFJビルもあるし、この辺りは万博のころにはかなり良くなってそうですね。

賛否あるのであまり言及しにくいのですが、どうか大阪が次のステップへ移行してほしいです。

ぽり

縦覧計画書では
pit階(B3F)機械室
B2F駐車場(自走式)
B1F地下店舗、機械室、駐車場スロープ
1-2F店舗
低層部 3-9Fオフィス階高4.3m 天井高2.8m
高層部 12-26Fオフィス階高さ4m 天井高2.8m
10F機械室 
11F中央にカンファレンスルーム、カンファレンスにデリバリー可能な店舗を北側2区画、東側にビジネスバックアップオフィスと管理室、東側に屋上庭園
27-28Fオフィス、最上階北側に屋上庭園
PHF 機械室、室外機置き場

一部報道、ブログなどで総工費668億円とありますが、組合想定負担費749億円。
大阪市は一切の費用負担をせず。と計画書にありました。

土佐堀通り地下のメトロ機械室や淀屋橋駅との近接施工と費用低減のためか住生、石原ビル、大阪東銀ビルの地下躯体を残しての施工。

駅との接続は石原ビル角の部分が地下躯体を貫通して玄関幅で接続されます。

街区を跨いでのエネルギー融通とありますのでODONAか西側の住友ビルと供給菅が設置されるのでしょう。SMBC大阪本店と住友ビルは一般建築誌には記載されていませんが行員専用地下通路などで繋がっています。

フェスティバル方面への眺めはテナント側からしか望めないようです。

アリー my dear

大小複数のビルを区画まるごと一括解体したあとの大規模再開発。土佐堀川沿いの遊歩道再整備ともども、大変期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です