【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

ハンズマン大阪松原店(仮称)が「イオンタウン松原」に本州初出店!同社最大の売場面積を誇る旗艦店【2023 年秋オープン予定】


ハンズマンは、大阪府松原市内に開発中のショッピングセンター『イオンタウン松原』内に、本州初出店となる新店「松原店(仮称)」を2023年秋頃にオープンします!

新店舗は、鉄骨造3階建て、敷地面積:約33,000㎡(10,000坪)、延床面積27,700㎡(約8,400 坪)の規模で、 設備投資額は約52億円(建物・設備)。大阪・松原店は2012年11月、鹿児島県にオープンした宇宿(うすき)店以来の新店で、九州以外に出店するのは初めてとなります。

【出展元】
大阪府松原市への新規出店に関する設備投資についてのお知らせ
大阪松原店開店に向けた事業用定期借地権設定覚書の締結について

 

異色の店舗戦略を行くハンズマン



ハンズマンは、宮崎県都城市に本部を置くDIY型ホームセンターで宮崎県を本拠に九州で11店舗を展開しています。同社は、その特徴的な店舗形態や経営方針が有名で「お客様第一主義」を基本経営理念に掲げ、多様多岐に亘る要望に応えるため1店舗あたり22万アイテムに及ぶ圧倒的な品揃えを誇ります。

 

業界平均の3倍の人員配置



この品数に対して肌理の細かい店頭対応を実現するため、1店舗あたり100名の従業員数(業界平均の3倍)を配置。接客面を重視し、お客様の要望商品は全て品揃え。あえてPOSシステムを導入しない方針を採っており、在庫の管理は独自のシステムを使用するなど、異色とも言える運営方法が有名です。

 

沢山の売場が目に入る吹き抜け構造



店舗は、顧客側からの売場位置の容易な把握や、購入目的以外の品物または売場が視界に捉えられる事で売場回遊性の向上に寄与する複層階吹き抜けの構造となっています。一般のお客様からプロの職人さんにまで対応できる接客力が売りで、店舗売場は全て従業員の手作り(商品レイアウトからディスプレイまで全て)で、店舗内のPOP、売場案内板、什器や棚などは、売場担当者らの手作業にて作成されています。

 

 



ハンズマンでは、仕入れ時に複数が一組となっている物や、必要上数種の品物が封入されている、いわゆる「セット商品」等も基本的に小分けして販売していますが、これに加え顧客の要望によっては、売場担当者の判断で可能な限りバラして販売することが認められており、顧客が不必要な数量、品物まで購入せざるを得ないという不便さを解消しています。

 

DX化全盛の時代に「人間の感性」に訴えかける店作り



IoTやDXなど、POSデータに加えて、AIを活用した在庫管理・発注システム、それに加えRFIDなどを活用した自動棚卸しシステムなど、世の中的にはDX化真っ盛りな状況です。

その中で、あえてPOSシステムを導入せず、人間の感性に訴えかける品揃え、サービス、店作りを貫き支持を得ている「ハンズマン」。本州初進出となる松原店がどんな店舗でどのような品揃え、サービスを打ち出してくるのか。そして、それが市場に受け入れられるのか?非常に興味があります。

 

計画概要


名称:ハンズマン松原店
所在地:大阪府松原市新堂4丁目の一部
構造:鉄骨造3階建て
敷地面積:約33,000㎡(10,000坪)
延床面積:27,700㎡(約8,400 坪)
設備投資額:約52億円(建物・設備)
開業:2023年秋頃(予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。