【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

福井鉄道が新型車両(F2000形)の内装デザインを発表!豊かな水資源をモチーフ、つり革には「カニ」や「レッサーパンダ」をデザイン



福井鉄道は、2022年9月30日付けのニュースリリースで、2023年3月から運行する福井鉄道の新型車「FUKURAM Liner(フクラムライナー)」(F2000形)の内装デザインを発表しました!

「フクラムライナー(FUKURAMLiner)」は、同社6年ぶりとなる新規車両の導入で、3両1編成で定員は150人。駅ホームとの段差が少ない低床車両でバリアフリーに対応した低床車両(LRV)です。

 

【出展元】
福井鉄道>新型車両(F2000形)の内装について

福井鉄道が新型の低床車両『フクラムライナー(FUKURAMLiner)』を導入!白・青・緑色の福鉄カラーを採用



 

 

豊かな水資源をモチーフにしたデザイン



内装は、車輌内装材製造大手のセーレン(福井)とのコラボにより実現したもので座席シートにはセーレンがデザイン・製造した生地を採用。シートは水の流れを感じさせる爽やかなデザインで、福井鉄道沿線の水の張られた水田や日野川など、豊かな水資源をモチーフにしています。

また、コーティング剤不使用でリサイクル可能な環境にやさしい生地とされる「ビスコテックス」を採用し、毛倒れを防止する低パイル化仕様により、長期間オリジナルデザインを保つ、としています。

 

 

つり革にカニ!



福井らしさの演出では、出入口付近のつり革にカニやレッサーパンダをデザインしたものを使用。車内のモニター(4台)では西山公園や蔵の辻、足羽山公園など、地元の観光地を映像で紹介します。

1 COMMENT

アリー my dear

吊り革の持ち手部分がかわいいです(*´∀`)
福井、越前ガニにちなんでカニなんでしょうね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。