立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)14.08

th_IMG_3434_20140910220211aac.jpg



立命館大学は、大阪府茨木市にあったサッポロビール大阪工場跡、約12万平米の敷地を約190億円で取得し、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)の建設を進めています。敷地内に整備される防災公園を除く新キャンパスの広さは約9.9万平米で、経営学部・研究科、政策科学部・研究科、経営管理研究化、テクノロジー・マネジメントを移転させる計画です。立命館大学のキャンパスは京都・衣笠キャンパスが広さ12.6万m2、滋賀・びわこ・くさつキャンパスが61.1万m2で、大阪茨木新キャンパス(約9.9万平米)はそれらに次ぐ規模となります。開校予定は2015年4月の開校です。














th_IMG_3431_2014091022021371f.jpg


新キャンパスに建設されている学舎の様子です。学舎は敷地の北側に配置されておりJR茨木駅からのアクセスが考慮されています。また、敷地の北東側に防災公園、南側はグラウンドになります。新キャンパスは大阪モノレール宇野辺駅、阪急京都線南茨木駅、JR京都線茨木駅に囲まれた立地で、どの駅からもそれなりの距離があります。茨木市は、立命館大学大阪茨木新キャンパスの開校に合わせて、JR茨木駅から歩行者専用道路を整備する予定です。













th_IMG_3441.jpg


敷地の南側の様子です。この辺りはスポーツZONEにゾーニングされており、手前の敷地はグラウンドになります。またグランドの奥は将来の拡張に備えたリザーブスペースとなっています。
















th_IMG_3445_2014091022023164d.jpg



南側のスポーツゾーン(写真手前)の様子です。RITSUMEIKANのロゴマークが取り付けられていますね。












th_IMG_3457_20140910220228f0c.jpg


北側学舎の壁面の様子です。ファザードのデザインが非常に特徴的で目を引かれました。















th_IMG_3448.jpg


前回の撮影が2014年4月頃だったので、約4ヶ月振りの取材です。この4ヶ月間で工事が一気に進み、学舎の全貌が掴めるようになってきました。














th_IMG_3440_20140910220213d76.jpg


最後はもう一度引き気味のアングルで、学舎全体を俯瞰した様子です。






関連記事
[ 2014/09/14 00:00 ] 大阪府下 茨木 | TB(0) | CM(1)

だいぶ出来上がってきましたね(*'▽')

ゆったりと広大なキャンパスで、なかなかいい感じだと思います。学生だけでなく市民にも開放された空間があるのが魅力的です。この建設工事に併せて、もうひとつの記事でも取り上げられているJR茨木駅前ロータリー改良工事も、同時進行で順調に進んでいるようですね。

また将来的にはこのJR茨木にも新快速を停車させると検討されているそうですし、駅構内も大幅にリニューアルされるためますます利便性が向上することでしょう。より一層活気づいてもらいたいです(^。^)
[ 2014/09/14 00:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2695-7f8830bf