【再都市化ナレッジデータベース】

御堂筋線ー心斎橋駅グランドリニューアル工事の状況20.01(ホーム編)



OsakaMetro(大阪メトロ)は、2018年12月20日に『地下空間の大規模改革及び 夢洲開発への参画について』の発表を行いました。駅のリニューアルについては、以前のニュースリリースで『御堂筋線9駅、中央線6駅のリニューアルを2024年度までに完了する』と発表しました。

一昨年に発表されたデザイン案はかなりぶっ飛んだ内容だった為、多くの批判的な意見が意見が集まり大炎上する事態となりました。そのため、同社に寄せられた多くの意見を踏まえつつ、多様性を大事にし「各駅の地域性や歴史性を活かす」という方向性をより深掘りし、奥山CDOの監修のもとデザインコンセプトやデザインをブラッシュアップしたデザインを新たに発表する事となりました。




【過去記事】
御堂筋線ー心斎橋駅グランドリニューアル工事の状況 19.09
御堂筋線ー心斎橋駅グランドリニューアル工事の状況 19.06
御堂筋線ー心斎橋駅グランドリニューアル工事の状況 19.01

大阪メトロがグランドリニューアルされる5駅のデザイン案をブラッシュアップ!



 

 

2020年1月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2019年9月だったので、約4ヶ月振りの取材です。

 

 

 

リニューアル工事を行う為、仮設天井の設置が進んでいます。

 

 

 

梅田側は仮設天井の設置が進み線路上までスッポリと覆われていました。

 

 

 

難波側はこれから仮設天井の設置が行われます。

 

 

 

 

「そうめん鉢」と呼ばれる事もある、シャンデリアを配した駅空間もしばらく見られなくなります。

 

 

 

最後は上下方向のエスカレータが設置された大丸側の様子です。

1 COMMENT

くぼけん

モダンな姿に再生されること、願っております。そうめん鉢、残って欲しいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です