【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

【乗車レポート】近鉄の臨時快速急行「楽」に乗ってきた!



近鉄は、2021年12月27日付けのニュースリリースで、終夜運転の大阪難波~近鉄奈良間に、団体専用列車「楽」(20000系電車)を臨時快速急行として追加運転すると発表しました!団体専用列車の「楽」が、快速急行として運転されるは初めての事です。

20000系電車「楽」は1990年に登場した団体専用列車で、先頭の1号車と4号車はダブルデッカー構造、中間の2号車と3号車はハイデッカー構造を採用しています。デビューから30年目となる2020年にリニューアルされました。普段は団体専用として運転され、時折、臨時列車として一般に乗車機会が設けられるレアな存在の電車です。

 

近鉄が臨時快速急行「楽」を運行!大阪難波〜近鉄奈良間、大晦日の終夜運転で2往復、追加料金は不要!



 

普段は乗れないレアな列車


今回、予約不要で乗れる事から、多くの鉄道ファンで賑わう事を予想していましたが、予想は的中。まず、00:02 大阪難波発を目指して難波に行きましたが、駅到着時点で「多客のため御乗車できません」のアナウンスが流れており秒で撃沈されました。それならば!と思い、折り返し00:58 近鉄奈良発を目指して急行で奈良駅に移動。しかし、ごらんの通りホームから改札階までズラリと続く行列が出来ていました。

※掲載写真はなるべく混雑をさけて撮影した為、記事構成上、撮影場所・時間が本文と前後してる箇所があります。予めご了承下さい

 

 


00:58快速急行の表示です。近鉄奈良駅では40分ほど並びましたが「楽」を目の前にしながら、直前で待ち行列を切られて2便に乗る事が出来ませんでした・・・。しばし呆然。Twitterで情報を取ると、難波駅では3便の整理券配布が始まっている様でこちらも絶望的。という事は、このまま03:20 近鉄奈良発の4便まで2時間待つしか無い???

 

 

 



何のアナウンスもないまま、行列はそのまま解散する事なく残り続け、さらに列が伸び続けていました。40〜50分ほど経過した頃に、これまた何のアナウンスもなく突然整理券の配布がはじまりました!よかった、これで「楽」への乗車確定しました。

 

 



整理券を受け取ってから発車まで1時間20分ほどあったので急遽「東大寺」に初詣に行くことにしました。最初は春日大社に行こうと思いましたが、往復徒歩で参拝込みで考えると春日大社までいくと間に合わないと思ったからです。

 

 

ようやく「楽」に乗車、リベンジを果たす!


※写真は大阪難波駅で撮影

いよいよ楽に乗り込みます!4両ともにダブルデッカー、またはハイデッカー構造のパノラマビューでリゾート感覚満点です。

 

 

 

 


※写真は大阪難波駅で撮影

メタリック塗装は「ひのとり」のノウハウが生かされているのだと思います。阪急マルーンとは異なる、不思議な色合いです。

 

 


そして!これが!臨時快速急行「楽」の車内です!鉄道ファン率は推定80%以上はあると思われる濃いメンツで満員御礼!さらに途中出来でも乗車があり、途中通路まで立ち客でビッシリ埋まるほどの混雑となりました。

 

 

いろいろな特急車のエレメントが詰まった内装


さらに、降車時の一瞬の隙をついてインテリアを撮影ました!

 

 


リニューアルされた「楽」を観察すると、いろいろな既存の近鉄特急の内装パーツを組み合わせて出来てる事に気づきました。まず、天井まで回り込んだパノラマミックな窓は「ビスタEX」と同じです。また柱の化粧板と吹き出し口の処理は、少しだけ「しまかぜ」に似ています。さらに荷物棚は「アーバンライナーplus」、天井の間接照明は「22600系Ace」のそれと似ていました。それぞれの車両のパーツをそのまま使っている訳ではありませんが、これまで手掛けていた特急車のエレメントが詰まっている事は確かです。

 

 



シートの様子です。シートは転換クロスシートでリクライニング機構はありませんが、一般車に比べると座席幅が広くシートが肉厚なので想像以上に座り心地が良かったです。

 

 

 


和を連想させるモケットは6種類のパターンがあり、意図的にランダムに配置されていました。貸切専用列車らしい非日常感が演出されています。床面もカーペット敷きで特別感があります。

 

 

 



さらにこの固定された大型テーブルが良い感じです。写真の右側のシートを転換すれば、向かい合った状態で大型テーブルを4名で使う事ができます。

 

 


お弁当やスナック菓子を広げてパーティしながら目的地に向かう、そんな利用シーンが思い浮かびました。

 

 


天井と荷物棚の様子です。なんとかく既視感がありますね。

 

 

 


ビスタEXの様なパノラマウィンドウ。

 

 



初めて乗車したリニューアル「楽」。今回は臨時快速急行として運行された為、立ち客が多く車内で寛ぐ感じではありませんでした。それでも、普段は乗る事が出来ない貸切専用列車に乗る事が出来てとても楽しかったです!

 

楽 Gallery

















 

3 COMMENTS

緩行まいど23号

号車は違いますが、同じ便に乗車しておりました。
課題はあったものの、貴重な機会を与えてくれた近鉄には感謝ですね!

七味

お疲れ様です。結構大変だったんですね。私は鶴橋から最初のに乗れたのでこんな状況になってたのを知りませんでした。

アリー my dear

これ、一度でいいから乗ってみたいのですよねえ・・貴重な体験をされましたね、うらやましいです( ´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。