新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

新曽根崎ビル(仮称)新築工事ーNTT西日本曽根崎ビル跡に建設されるデータセンターの状況 20.01



新曽根崎ビル(仮称)新築工事は、NTT西日本曽根崎ビル跡に建設されるデータセンターの建設工事です。計画地は大阪市北区曽根崎一丁目の、関電不動産開発のホテル エルシエント大阪の東隣で、地上12階、塔屋2階、高さ76.00mの事務所・通信機械施設を主用途としたビルが建設されます。建築主はNTT西日本、設計者はNTTファシリティーズ、施工者は大林組で、2022年05月の竣工を予定しています。

 

関電不動産開発 ホテル エルシエント大阪の状況 20.01【2020年6月27日開業】



 

 

 

 

【スペック】
計画名称:新曽根崎ビル(仮称)新築工事
所在地:大阪市北区曽根崎一丁目45番(地名地番)
階数:地上12階、塔屋2
高さ:76.00m
構造:鉄骨造
杭・基礎 :
主用途:事務所・通信機械施設(データセンター)
客室数:——-
敷地面積:2,568.05
建築面積:1,746.27
延床面積:———㎡(容積対象面積:18,644.04㎡)
建築主:NTT西日本
設計者:NTTファシリティーズ
施工者:大林組
着工:202002月(予定)
竣工:2022年05月(予定)

 

 

 

 

 

建築計画のお知らせに掲載されていた立面図と配置図です。

 

 

 

 

2020年1月の様子

現地の様子です。現在は既存建物の解体工事が行われています。

 

 

 

 

1月初旬にはRF建屋解体が行われていました。

 

 

 

 

東側から見た様子です。

 

 

 

 


最後は北東側から見た様子です。

1 COMMENT

アリー my dear

大阪の都心部で増えてきたデータセンタービル、ここにも登場ですね(^。^)
高さ76mは隣のホテルエルシエントを上回りますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です