新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

ジオタワー南森町(仮称)大阪市北区東天満2丁目計画の建設状況 18.05



 

ジオタワー南森町は、大阪市北区東天満2丁目に計画されてる、地上37階建て、最高高さ約130m、延床面積約27,824.9のタワーマンションです。計画名称は大阪市北区東天満2丁目計画ですが、正式名称は阪急不動産のマンションブランド「ジオ」を冠した「ジオタワー南森町」に決まりました。以前、30階建てのツインタワーマンションが噂されていた案件ですが、実際は37階建て1棟なりました。

【出典元】
ジオタワー南森町公式HP

【過去記事】
(仮称)大阪市北区東天満2丁目計画の状況 17.09

th_001_20170930200640acf.jpg

場所はココです。JR東西線大阪天満宮駅の北東側、国道二号線の北側で1ブロック入った所にあります。

 

 

 

 



 

【スペック】
名称:ジオタワー南森町
計画名:(仮称)大阪市北区東天満2丁目計画
所在地:大阪市北区東天満2丁目15番1※地名地番
階数:地上37階、塔屋2階、地下1階(免震構造)
高さ:約130.00m(最高部)、軒高126.08m
構造:RC造、一部S造
杭・基礎 :250
敷地面積:2,850.97
建築面積:1,408.6
延床面積:27,824.9容積対象面積19,950.00
建築主:阪急不動産
設計者:株式会社フジタ
施工者:株式会社フジタ
着工:201803月(予定)
竣工:202103月(予定)

 

 

 

 


建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。

 

 

 


同じく配置図です。この案件は1ブロックを丸々使った整形地となっており、公開敷地比較的広く取られている印象です。

 

 

 

 


現地の様子です。前回の撮影が2017年09月だったので約8ヶ月振りの取材です。既に着工しており、重機が多数投入されていました。

 

 

 

 


北棟側から見た様子です。タワー本体は敷地の西寄りに建設されます。3点式パイルドライバーが見える辺りですね。

 

 

 

 

 


最後は南東側から見た様子です。

1 COMMENT

匿名

やはり1ブロックを贅沢に使える案件は周辺もスッキリしますし贅沢ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です