【再都市化ナレッジデータベース】

ラスベガス・サンズが日本版IRへの参入を撤回、日本版IRに黄信号


出典:http://sandsjapan.com/

ラスベガス・サンズ(LVS)が日本での統合型リゾート(IR)開発を見送ると発表しました。横浜でのライセンス獲得を目指していたLVSは、日本でのIR開発の代わりに、マカオやシンガポールですでに運営しているIRの拡大など「他の機会」に力を集中させるとのとの事です。

米ラスベガス・サンズ(LVS.N)は13日、日本で統合型リゾート(IR)にカジノを設立する計画を断念したと明らかにした。すでにシーザーズ・エンターテインメントやウィン・リゾーツも計画を撤回しており、観光を通じた経済支援を目指している日本政府には打撃となる。

出典:ロイター米ラスベガス・サンズ、日本の統合型リゾート計画を撤回

 



ロイターが伝える所によると、サンズに加え、シーザーズ・エンターテインメントウィン・リゾーツも日本版IRから撤退しているとの事で、日本版IR、特に地元住民のコンセンサスが得られていない横浜IRに黄色信号が灯り始めました。

 

ライセンス有効期限が短く投資回収が難しい


出典:横浜市

サンズなどのIR事業者にとって特に大きな障害となったのは、日本版IRのライセンスの有効期間が10年と短く、その期間内で日本の中央官庁や地方自治体が参入企業の利益を損なうような形で条件を変える可能性があることです。ラスベガス・サンズがマカオとシンガポールに有するカジノリゾートのライセンスはそれぞれ20年、30年有効です。リゾート建設に5年を要する可能性があり、その規模の投資に対する十分なリターンを確保するには10年間のライセンス期間は短すぎると判断した様です。

 

金の卵を産む鶏を殺す愚策


出展:https://www.caesars.com/meetings

日本への参入を見送ったIR事業者は、日本に行われるはずだった投資をシンガポールなどの他国で行います。さらに、その投資がライバル他国のIR施設を強化する事になり、日本が獲得するはずだった外貨が他国に流れてしまいます。

日本のカジノ市場がマカオに次いでアジア2番目の規模となり得る、とのアナリスト予想もありましたが、このままでは日本が自分で決めた厳しすぎる法規制によって「金の卵を産む鶏」を殺してしまいます。

 

日本に余裕はない。ハングリー精神で勝ちに行け!



日本版IRは法整備までの動きが余りにも遅く、その間にコロナウイルス・パンデミックが発生するなど、市場環境が激変してしまいました。さらに上から目線に思える法規制(3%ルールやライセンス期間10年、税率など)がIRの収益性を悪化させ、参入を見送る事業者が続出しています。規制内容は、シンガポールやマカオなど先行事例があったはずで、ライバルに勝てるレベルの基準は作れなかったのでしょうか?日本は経済大国なのでIRも莫大な収益を上げるはずだから、ライバルよりも厳しくても三顧の礼で向こうがやってくる、とでも思ったのでしょうか?そうだとすれば相当ピントが外れてます。

海運、空港、金融など、日本の対応・決断・規制緩和・設備投資が遅れに遅れ、世界の後塵を拝するに至った領域は沢山あります。そして一度競争から脱落すると、もう取り返しがつかないほどの差が生まれます。

素晴らしい理念・理想も経済的な裏打ちが無ければ絵空事です。今の日本は90年代までの様な力は無く、決して勝者ではありません。今の日本は自分が「挑戦者」だと自覚し、並み居るライバルを徹底的にベンチマーキングして、そこを出し抜く戦術・戦略で行くしか在りません。サンズ撤退のニュースを見て、日本、少なくとも中央政府界隈は「ハングリー精神を失っている」と強く思いました。

大阪はハングリー精神を持って、フルスペックのIRを実現させ、フロントランナーとして突っ走って欲しい!

 

13 COMMENTS

淀屋

IRといってもMGMのようなエンタメ型とサンズのようなMICE型がある。
サンズは東京ならシンガポールを超えると予測して東京への出店にこだわっていたが、断念で東アジアに関してはMICEはシンガポールの優位性が続く。残念である。
エンタメに関しては横浜出店継続の中国勢よりMGMが強く、大阪の優位性が確立される。
MGMに関してはマカオ出店が遅れたこと、シンガポールに出店していなかったことで日本進出に賭けているから撤退はないと考える。資金面はオリックスと関西財界となるがもう一社強力な出資者が欲しいかも。

摂津

一つ思うのですがカジノIRは首都圏がどうしても無理やりやらなくてもやりたい意欲が強い地域がやればいいと思うのですが、何ですかわざわざカジノに文句を言ってやりたい意欲があまりない首都圏の考えをやりたい意欲がある地域まで押し付けてくるのか。各地域特色も風土も違うわけだから何でも首都圏と同じやりがい考え方に合わせるやり方がおかしいと思う。コロナでよく実感したのはこれから各地域の特性が生かせる地方分権の時代にきてるのではと。
東京かはみた実情と大阪関西がみた実情は違うし東京から大阪のことなどわかりません。

大阪都民

サンズはMGMと違い現地の有力企業とも組まなかったし、首都圏進出を希望していたものの東京、横浜のどちらに進出するのかまでは明言していなかった。また、横浜市も反対派が根強かったから大阪やMGMとは比較できないと思う。MGMにおける大阪IRの位置づけが成長戦略の鍵から将来の目標にランクダウンしたのは事実だが、撤退はしないと思う。
ラスベガスやマカオの資産も大阪IRのための資金に変えてしまったしね。

ぺんきち

しかし、コロナによるラスベガスやマカオのカジノ閉鎖の状況を見てたら、MGMも大阪撤退するのではないでしょうか?従業員も帰休にするような記事をみました。足元がこんな状態では、日本進出したくとも株主が許してくれないでしょう。
大阪は仕切り直しで万博後の工事着手にすればまたIR業者がきっと集まってくると思いますよ。

三刀流

北海道は撤退したし、佐世保は水不足問題があるし、横浜もあんな調子で、結局、大阪と和歌山だけが残るのではないでしょうか? 国内で分散するより、関空周辺に集中した方が相乗効果もあってよい結果を生むと思います。
政府が進めると、「こんな時期にIRかよ」と非難されそうですが、検察庁法案を見ていたら、今の政府はそんな声に惑わされる心配さなそうです。むしろ「コロナ後の経済対策の目玉」としてやってくれそうです。

名古屋市中区民 

始めてコメントします。大阪市で生まれ育ち大阪を応援しているのでこちらのブログもよく見ていますしIRも楽しみにしていました。
ですが中々進展せず、去年の秋頃に法整備が決まるというようなはずだったのに未だにはっきりしないまま時間だけが過ぎていくのはいつもの日本の悪い部分ですね〜
私はバブル崩壊後に生まれましたが私も、日本は90年代前半にピークに到達し、それから徐々に衰退していっている国としか思えません。先進でも何でもない日本を先進国だなんていう違和感をずっと感じています。  発展途上国のようなフレッシュ感・スピード感も無いし中々難しいですね〜

摂津

↓すみません訂正します。
日本経済ではなくて日本市場の間違いです。

摂津

当初は大阪MGMオリックス連合、横浜及び東京のどちらかはサンズでほぼ決まりの出来レースだと思ってたから今回のサンズの日本経済撤退はいささか驚きだが、MGM以外のカジノ業者が大阪から撤退したのはMGMオリックス連合が大阪でほぼ決まりというのを察して撤退したのは間違いないと改めて認識した。

ぷんぷい

霞ヶ関永田町幕府はただの日本の足かせになってますね。
冗談抜きで大阪と別勘定にしてほしい。

ポンタ

先述された方と重なりますが、横浜の場合は政治リスクが顕著なのも要因かと(地元が軒並み反対だし、そもそも市長選で誘致するとは言っていない)。某専門家が歯ぎしりしている様ですが。楽観視ばかりはできませんが、この情勢で「やる」といっているのは、投資予定の9割の手持ち現金を所有しているオリックスMGM位ですから、仲の良い関係を維持してほしいです。

淀屋

日本は余裕がない、ハングリー精神で  は明言ですね。
コロナ対策でも厚労省はハングリー精神を欠いて文科省傘下の大学病院や民間施設を活用したくないという思惑から傘下の保健所にこだわり、検査数が後進国並みと世界から大批判を浴びている。IR法案に関しても同じで、天下り先確保のため首都圏にこだわり続け、遅れに遅らせてきた結果、この体たらくになった。
ただ横浜に関しては韓国でIRを運営しているセガサミーと、横浜に本社を移した京急、USJ出身者の「刀」が連携して日本企業だけでIRを作る可能性があり、やはり候補地としては最有力でしょう。
問題は東京でオリンピックの延期から申請が更に遅れるが、政府が更に東京に合せて期限を遅らせる可能性もあるが、サンズ撤退でなくなることを願いたい。

神奈川県人

トランプ大統領に献金を支給していて横浜か東京でのカジノ開発を考えていた
ラスベガスサンズのこの決定に大変ビックリしています。

生駒府民

横浜は地元の政・財・民が乗り気ではありませんでした。
なので、別に話が無くなっても、市民の反感は大して無いと思います。
横浜の話と大阪は別です。大規模IRが大阪のみになれば、
正しくフロントランナーとなれる可能性が生じます。
かの様になる様に、吉村知事始め大阪維新の政治力が発揮されるべき時です。
頑張って欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です