名古屋駅新ビルの名称は「JRゲートタワー」、ホテルの名称は「名古屋JRゲートタワーホテル」に決定、開業は約1年遅れて17年2月の見込み




JR東海は2月13日に行われた定例会見で、名古屋駅北側に建設中の超高層ビルの名称を「JRゲートタワー」に決定したと発表しました。JRゲートタワーは、地上46階、地下6階、高さ211.10mの超高層ビルで、オフィス、ホテル、百貨店、飲食店、バスターミナル等からなる巨大な複合ビルです。また、基礎工事に想定以上の時間がかかった為、完成時期はが当初予定の2015年末から約1年遅れ2017年2月となるようです。なかなかタワークレーンが立たないなぁ・・と思っていましたが、やっぱり工事が遅れていたんですね。






新ビルの低層階はジェイアール名古屋タカシマヤの増床、9~11階は東海地方初出展となるヨドバシカメラが入居、12,13階のレストランフロアはタワープラザと接続されます。低層階と高層階を結ぶスカイストリートもタワーズと接続一体化、中層階はホテル、高層階はオフィスといったフロア構成となっています。




<名称>
ビル名称:JRゲートタワー

ホテル名称:名古屋JRゲートタワーホテル


<オフィス>
・エントランス15階、オフィスフロアは29~44階

<商業施設>
・ジェイアール名古屋タカシマヤの増床を予定
・大手家電量販店「ヨドバシカメラ」が出店(9~11階)
・タワーズよりもカジュアルで、専門性・ 話題性のある飲食店を配置 (1~14F)

<ホテル>
・(株)ジェイアール東海ホテルズによる宿泊主体のホテル
・15階はエントランス・レストラン1、客室は19~25階
・客室数は約350室


<その他>
・タワーズのスカイストリートと接続、他にも複数のフロアで 接続予定
・バスターミナルは北地区計画ビルを含む1階レベルに整備

1.名称

ビル名称   : 「JRゲートタワー」
ホテル名称 : 「名古屋JRゲートタワーホテル」
 

2.開業予定




<開業予定>


平成28年11月 :オフィス入居開始

平成29年  4月 :タカシマヤ、ホテル開業










th_IMG_7738.jpg 


施設名称がJRゲートタワーに決まり、開業時期も1年遅れながら見えてきた名古屋駅新駅ビル。約2年後には、既存のタワーズと合わせてとてつもない規模の巨大駅ビルが誕生し、名古屋駅前に200m超えのトリプルタワーがそびえ立ちます。
関連記事
[ 2014/02/15 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2236-162ca169