MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見の建設状況 20.02


出展:タワー・ザ・ファースト名古屋 伏見

タワー・ザ・ファースト名古屋 伏見は、名古屋市中区栄一丁目に建設されている、地上29階、高さ99.20m、延べ床面積20,862.51㎡、総戸数181戸のタワーマンションです。建築主はセキスイハイム東海、設計・施工は淺沼組が担当しています。

【公式HP】
タワー・ザ・ファースト名古屋 伏見

 


【スペック】
計画名称:(仮称)タワー・ザ・ファースト名古屋伏見
所在地:愛知県名古屋市中区栄一丁目1211-1(地番)
階数:地上29階、地下0階 
高さ:99.20
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅
総戸数:181戸
敷地面積:2,076.18
建築面積:1,032.70
延床面積:20,862.51
建築主:セキスイハイム東海
設計者:淺沼組
施工者:淺沼組
着工:201911
竣工:202210月(予定)※公式サイトでは2023年1月上旬
入居:2023年04月上旬(予定) ※公式サイトより

 

 

2020年2月の様子


東側から見た現地の様子です。

 

 

 


北東側から見た様子です。

 

 

 

 

 


南東側から見た様子です。計画地の北側には同じ積水ハウスグループが開発したグランドメゾン御園座タワーがあります。

 

 

 


最後は敷地外からハイアングルで見た内部の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です