【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

御堂筋の側道歩道化『長堀通〜道頓堀川』区間の整備実施、まず東側から工事着手し全体は2025年3月完成予定!



大阪市は、2019年3月に「車中心」から「人中心」のみちへと空間再編をめざす「御堂筋将来ビジョン」を策定し、この将来ビジョンをもとに、側道を歩行者や自転車の空間に転換する道路空間再編を進めています。

御堂筋の将来像を検討する「御堂筋完成80周年記念事業推進委員会」は、御堂筋の自動車専用の計6車線のうち側道2車線を全て歩道として開放する提言案を纏めました。提言は淀屋橋以南の全区間について、本線を車道のまま残したうえで、側道を現在の緑地帯・歩道と一体で再整備し、幅15m超ずつの広い歩道に変える、といった内容で、2025年国際博覧会の大阪誘致が進むなか、大阪都心のメインストリートを人でにぎわう空間として生かし、地域経済の活性化につなげる計画が進んでいます。

【出展元】
御堂筋の側道歩行者空間化及び社会実験について
官民連携で「御堂筋」の未来をつくる社会実験「御堂筋チャレンジ2020」を11/2812/27に実施します!

御堂筋の側道歩道化「道頓堀橋北詰交差点〜難波交差点までの東・西側道」の最新状況 22.04



 

 

長堀通〜道頓堀川区間の側道歩道化を実施!


大阪市は、2022年8月25日に、長堀通から道頓堀川までの区間の側道について、歩行者空間化に向けた整備を実施するため、2022年10月4日(火曜日)から閉鎖すると発表しました!側道閉鎖に「本線の渋滞等への交通影」「響停車スペースの運用」「東西道路等への交通影響」などの交通影響検証を行い影響を確認。その後に片側づつ側道の歩道化を実施。11月からは東側の工事を開始し、西側は一旦解放されます。対象区間の完成は20253月を予定しています。

 

停車スペースを設けて本線車道への影響を防ぐ


 

御堂筋の側道歩道化は、道頓堀川から千日前通までの南側区間を合わせた、長堀通から千日前通までの区間で工事が始まります。なお、閉鎖区間(両側)には、停車スペース(沿道アクセススペース)を設けて、荷下ろしやタクシーの乗降時などの本線車道への支障を防ぎます。

 

 

こちらは、先に工事が行われた、道頓堀川〜千日前通区間の停車スペース(沿道アクセススペース)の様子です。

 

 

すでに工事が始まっている!


上空から見た現地の様子です。整備区間では、既に駐車スペースを造る工事が行われていました!

 

 


最後は対象区間を見通した様子です。
このニュースを予想して、事前に最高の写真を撮影していました(笑)

今回の発表では、長堀通〜道頓堀川区間の側道歩道化の完成予定が20253月となっています。淀屋橋〜長堀橋までの北側区間がどうなるか気になります。確か大阪万博までに淀屋橋〜難波間の側道歩道化を実現する・・・構想だった気がしますが、どうなるでしょうか?

3 COMMENTS

世界中の都市で環境対策や魅力向上のため中心部への自動車乗入の禁止が進められていますが、日本じゃまだまだ遅いですね。車道を歩道にすると方針を打ち出すと決まって否定的な意見がありますが、公共交通機関より自動車の方が土地の専有面積当たりでもエネルギー的にも輸送効率ははるかに低く、都心部の土地利用を非効率化します。これは仮にEVが普及して環境問題が解決しても変わりません。整備中の大阪都市再生環状道路が完成し都心部への自動車流入を減少させ、鉄道新線建設やバスの振興により自家用車から公共交通機関にシフトさせることができれば都市計画道路は現在の規模を必要としなくなるでしょう。御堂筋も時代に合わせてその姿を変える必要があると思います。

三刀流

2025年に長堀通りまで側道を歩道化しても、やっと全体の3分の1です。
万博までに淀屋橋まで歩道化できるとはとうてい思えません。
今の工事の様子を見ていたら、側道を柵で囲ったまま何もしないで何か月も放置しておくなど、とにかく作業がノロいです。
民間の超高層ビル建設では、広い公開空地をアッという間に植栽し、美しく路面を舗装します。
公共工事からなのか、中之島のあれだけの歩道化でも何年もかかりました。
作業員が毎日出てきて真面目に作業に当たれば、一年ほどで全区間歩道になると思います。

サジャ

御堂筋を全て車道を無くして全面歩道化するというのは絶対に止めて欲しいですね。
精々側道を無くすぐらいでいいじゃないですか。
大阪は商業都市です。昔大阪に車を入れない為に駐車場を作らないみたいな暴挙を普通にやってしまって後々大変な事になりました。
大阪を衰退させたいなら車道をどんどん無くして江戸時代みたいにトコトコと歩きまわる町にすれば良い。でも道路は人に例えると血管です。人だけでなく物が大量に運ばれてこそ商業都市として観光都市として成り立つのです。
かつて御堂筋は僅か6m程の細い道路でした。
それを多くの人々が大阪の発展を願って立ち退き立派な御堂筋になったのです。
それをぶち壊す様な真似は暴挙再びですね。
美しい形に人と車が共存できる道路を作らなくては商業と観光の両立などあり得ないですね。
ところで、自転車と人を分ける工事も行われていますが、相変わらずマナーの悪いままですね。
自転車レーンに人が二人で塞いでいたり、人の歩く処を自転車が猛烈なスピードで走り抜けたり。
かつて関東の某都市で徹底的に違法駐輪を撤去した時があって、その結果とてもマナーの良い状態になりました。異常に自転車が走り回る事態も防げましたしね。
大阪、特に人通りの多い地域ではそれを実施しては如何でしょう。何度も持って行かれたら少しはマナーも良くなるかも?
大体美しい歩道に自転車がかつての中国の様に走り回る姿は美しくないばかりかとても危険です。
自転車レーンを設けても全然マナーは良くならない様なので自転車の数自体を減らすしかないですよね。駐輪設備を少なくし違法駐輪をさせない様にすれば減っていくと思うのです。
こんな状態で大勢の外国人観光客がやって来て残念な事故が発生したら大阪は笑われますよ。
今から何とかしなくてはいけないかと?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。