世界長ビル・ホーコクビル建替え計画(仮称)

P1110259.jpg


世界長ビル・ホーコクビル建替え計画(仮称)
は、地下鉄御堂筋線の中津駅に直結する世界長ビル・ホーコクビルに対する再開発構想で、3年後をめどに超高層マンションに建て替える計画が噂されています。写真は先月の現地の様子です。1階の一部を除いて殆どのテナントが退去している様でした。

なお、記事名の「世界長ビル・ホーコクビル建替え計画」は、記事を作成する上で僕が便宜上名付けた「仮称」で正式名称ではありません。
※福島区民さんに情報を頂きました、ありがとうございましたm(_ _)m


■追跡取材リスト









計画地はこちらです。この物件は、2007年2月にリサ・パートナーズが100億円台半取得し、昨年秋に日本の大手商社の手に渡っています。 敷地面積もかなり広く中津駅に直結した最高の立地で大規模なタワーマンションをが期待出来そうです。続報が待たれます。



5 Comments

アイラブオオサカー

SECRET: 0
PASS: aa98a85119ba51551b31513da7cfdbfa
ついに計画概要が判明したのですね!
高さはこの場所だと、まあこのくらいが妥当じゃないかと、私は思いました。

しかし階高が37階で約122mほどというのは、高層マンションとしては珍しい規模ですね。

返信する
ロング

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>福島区民 さま。
世界長ビル・ホーコクビルの件、了解しました。いよいよ動き出しましたね。
あと、日生本店東館の建て替えの件もありがとうございました。高さは82mが限度なんですね。。

返信する
福島区民

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
前田・長谷工JVで解体/世界長ビル・ホーコクビル建替え

 大阪市北区にある世界長ビル・ホーコクビルの建て替えに向け、既存建物の解体工事が前田建設工業・長谷工コーポレーションJVの施工でスタートする。現在は内装の解体作業を始めており、2012年2月から世界長ビル、同3月からホーコクビルの解体に入る予定。同年7月までに解体を終える見込みだ。跡地の活用プランは検討中だが、マンションの建設などが浮上している模様。解体が済み次第、新たな施設の着工を目指す。
 世界長ビル・ホーコクビル(北区中津1-6-24、28)は、大阪市営地下鉄御堂筋線中津駅に直結したビルで、2棟が連結して立地している。建物はSRC造地下3階地上9階建て塔屋4層。解体工事の発注者は、住友商事とMID都市開発、大和ハウス工業の3社となっている。
 敷地面積は約4000?あるとみられる。用途地域は商業地域で、建ぺい率80%、容積率600%。
 2棟は双日総合管理が運営していたが、07年にリサ・パートナーズが取得。大規模開発が進む大阪駅北地区に隣接した立地や建物の老朽化などを考慮して、建て替えが検討されていた。その後、現在の事業者が取得した。

http://www.kensetsunews.com/article.php?article_id=A1109301900&date=2011-09-30&class=pickups

返信する
アイラブオオサカー

SECRET: 0
PASS: aa98a85119ba51551b31513da7cfdbfa
敷地面積は相当な規模ですから、あくまで想像ですがタワーマンションが2棟くらい建つのでしょうか?

この再開発計画は、建物の高さよりも、どのような形の街づくりが行われるかに私は関心を持っています。中津界隈は独特の味わいがあって良いのですが、でもそろそろ地域のリニューアルは必要かなと感じていました。
早く計画の詳細を知りたいですね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。