HOTEL VISCHIO(ホテルヴィスキオ)〜JR西日本が新たに展開するハイクラス宿泊主体型ホテルのブランド名が決定!

th_IMG_1753_20170510232528e9f.jpg

建設中の「ホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIA」(開業予定2018年春 JR大阪駅北側)




株式会社ジェイアール西日本ホテル開発は、2017年05月10日付けのニュースリリースで、JR西日本グループ直営の新たなホテル業態・ブランドとして開発中のハイクラス宿泊主体型ホテルのブランド名を「ヴィスキオ(VISCHIO)」に決定したと発表しました。新ブランド名「ヴィスキオ(VISCHIO)」はイタリア語で「宿り木」の意味です。北欧神話で宿り木は幸福、安全、幸運をもたらす聖なる木とされていることから、宿泊客に旅の疲れを癒して幸福を感じていただくとともに、旅の安全幸福をもたらす場となることを願って命名されました。










th_170510_00_vischio_201705102336522f4.jpg  

『ホテルヴィスキオ( VISCHIO)』ブランド概要 

ブランドの位置付け
新規ブランドである『ホテルヴィスキオ』は、宿泊主体型でありながら 2 名以上の利用にも対応できる広めの客室 を多く設定、施設やサービスの上質さも保持。 また、JR西日本グループ直営ホテルのシティホテルである『ホテルグランヴィア』の安心感やホスピタリティに加え、『ホテルヴィスキオ』は「都会的・現代的な洗練 ・上質感」を提供し、お客様に豊かな旅の体験を提供。


 想定している利用者像
大都市に滞在されるビジネスマンや都市型観光を好まれる国内外からのレジャーでのご利用を想定。快適な滞在はもちろん、洗練された感性と合理性を持ち合わせ、自分にあうコト・モノとの出会いを積 極的に望む「活動的に都市を旅する人」に選んで頂けるホテルを目指す。








th_th_th_001.jpgth_th_th_002.jpg 


JR西日本では、大阪駅北側の大阪弥生会館跡地と京都駅八条口南側でHOTEL VISCHIO(ホテルヴィスキオ)の開発を進めています。「ホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIA」(2018年春 JR大阪駅北側) 「ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA」(2019年春 JR京都駅八条口南側)。また、JR尼崎駅に隣接している「ホテル ホップイン アミング」を同ブランドにリブランドする事も発表されました。










th_IMG_1748.jpg 

JR西日本が新たに展開するハイクラス宿泊主体型ホテル、HOTEL VISCHIO(ホテルヴィスキオ)。サブネームに 「by GRANVIA」の記載がある事から、シティホテルのグランビアとビジネスホテルのヴィアインの中間に位置するブランドが誕生する事になりました。


関連記事
[ 2017/05/11 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4254-d44c1621