MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

JR大和路線の奈良市内約1.9kmを高架化!2021年度から仮線工事着手、新駅は高架駅に!


奈良市内のJR関西本線で2021年度から鉄道の高架化工事が始まります!奈良県は高架区間に設置する新駅と駅近くに整備する京奈和自動車道(仮称)奈良ICを生かしたまちづくりを進める方針を打ち出しており、奈良市と連携して市南部の拠点開発に取り組みを進めます。2021年1月28日に県とJR西日本が鉄道高架化に関する工事協定を締結しJRが仮線工事を始めます。新駅部を除く工事費は131億円を予定しています。

高架化されるのは大和路線奈良駅の南側で、大安寺踏切北側から中八条踏切南側までの延長1880m(奈良市大森町~八条4)。両踏切に加え、南大安寺、八条の計4カ所の踏切が撤去されます。JR線の東側に設ける仮線(上下線)部の用地買収はほぼ終えており、2021年度から仮線路の整備に着手。仮線に切り替え後、本線の軌道を撤去し、高架本体工事を進めます。新駅については、高架化工事が進んだ段階で整備に着手するとの事です。認可時の事業期間は2021年度までですが、現在、事業期間を延ばす手続きが進められています。

【出展元】
八条・大安寺周辺地区まちづくり基本構想について


奈良市が2016年3月に作成したIC周辺まちづくり(約32.3ha)の基本構想では新駅の両側に駅前広場を設置し、東側にホテルや商業施設、観光施設、スポーツ・レクリエーション拠点などを誘致。その周辺に住宅ゾーンを設ける構想です。西側はリハビリテーション施設やデイケア施設などを集め、健康福祉機能を位置づけられました。

2017年6月には奈良県と市が協働して八条・大安寺周辺地区まちづくり基本構想を策定、まちづくり懇話会や同ワーキングを設置してまちづくりのコンセプトや事業化に向けた検討を進めています。人工知能(AI)などを用いたAIタウンの構想があり、2021年度に基本構想を策定し、2022年度に事業計画をまとめる予定です。県と市では県内初のICと鉄道駅の結節による県内の周遊性の向上を図る方針です。

2 COMMENTS

かつらぎ

大安寺踏切も除去されるということは、その奈良駅寄りの高架スロープ部分も壊して完全に連続立体交差にするんですね。費用ケチって「奈良駅出発~スロープで地上に降りる~新設スロープですぐ高架に上がる~高架新駅」って流れになったら嫌だなぁと思っていたので朗報です。

小室

ようやくと言ったところですが…まぁ奈良なので…
京奈和自動車道、いつまで経っても完成しませんしねぇ。
畠田付近の拡幅も、この程度の事に何十年かかっているのかと言う感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です