【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

【竣工】広小路クロスタワー「旧名古屋銀行本店ビル」を保存再生する再開発計画の状況 18.09



 

(仮称)錦二丁目計画は、愛知県名古屋市中区錦二丁目の旧大和生命ビル跡地に計画されている再開発計画です。建築主は三菱地所などで構成する「名古屋デベロップメント特定目的会社」と「積水ハウス」です。新棟の規模は地上21階、塔屋2階、地下1階、高さ97m、延床約45,410㎡で、敷地西側にある「旧名古屋銀行本店ビル」は、近代的な銀行建築として価値が高いため、商業店舗として保存・活用されます。三菱地所はニュースリリースで、201631日に新東の新築工事を着工したと発表しました。

【出典元】
三菱地所ニュースリリース>「(仮称)錦二丁目計画」着手 -新たなランドマークとなるオフィスビルの開発と歴史的建築物の保存・活用による、栄・伏見エリア活性化プロジェクト始動-

【過去記事】
「旧名古屋銀行本店ビル」を保存再生する再開発計画(仮称)錦二丁目計画の建設状況 17.04
「旧名古屋銀行本店ビル」を保存再生する再開発計画(仮称)錦二丁目計画の建設状況 16.05

 

 

th_IMG_0401_20160507165448322.jpg

【スペック】
名称:広小路クロスタワー
計画名称:(仮称)錦二丁目計画
所在地:愛知県名古屋市中区錦二丁目2011番他
階数:地上21階、地下1階、(新棟)、地上6階、地下1階(保存棟)
高さ:97.100m
構造:S造、一部RC
杭・基礎 
主用途:オフィス、店舗、集会場
総戸数:—–
敷地面積:4,581.79(施設全体)
建築面積:3,363.79(施設全体)
延床面積:50,366.95(施設全体)
建築主:名古屋デベロップメント特定目的会社、積水ハウス
設計者:三菱地所設計、竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:201603
竣工:201802月(予定)

 

 

 

 

 

 

 

 


現地の様子です。前回の撮影が2017年04月頃だったので約1年半振りの取材です。

 

 

 

 

 

 

 

 


新棟の様子です。マリオンを強調した外観がが今どきのビルといった感じです。低層部を見ると、保存棟に対する若干のデザイン的なオマージュが見て取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 


広小路クロスタワー「の商業施設は「新棟」の1階・2階と、「保存棟」にあり、全部で5店舗。新棟に4店、DEAN & DELUCA CAFE 広小路本町店(カフェ)、七勺日本酒・醸し肴 SEVEN(和食)、mine(地中海料理)、檸檬ビューティースパ(エステ)、保存棟に結婚式場「THE CONDER HOUSE」が入居しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

保存棟「旧名古屋銀行本店ビル」の様子です。最近はやりの腰巻き建築ではなく、シンプルに保存されています。

 

 

 

 

 

 

 




保存棟を角度で見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


保存棟と新棟を絡めて見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 


最後は引き気味で全体を見た様子です。

 

4 Comments

おろろN

高層棟低層部の外観は再開発前に建っていた「旧徴兵館」の意匠を模したようです。

アリー my dear

最近のオフィスビルは、この手のデザインが多く見受けられますね。高さ100m未満ですけど、渋くていいなあと思いました(^。^)

ぽり

工事中の見学会があったのですが、失念していて申込みを忘れていました。

が正解です。

ぽり

工事中の見学会があったのですが、失念していて申込みを忘れがち忌ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。