MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

大阪市が中之島6丁目の市有地に小中一貫校を設置。都心の人口増加に対応【2024年度開校】

大阪市は、都心部における児童・生徒の急増に伴う課題への対応策として、今後も児童・生徒の増加が見込まれる中之島西部地域において、2024年度の開校をめざして新たに小中一貫校を設置します。

建設予定地は大阪市北区中之島6丁目の市有地で、敷地面積 約6,200㎡、延床面積 約17,000㎡。鉄筋コンクリート造で、各教室のほか、体育館、屋内・屋上運動場、屋上プール等を一体化した校舎と屋外運動場(校庭)を予定しています。 総学級数は27学級(小学校各3学級=18学級・中学校各3学級=9学級)で後の児童等の 増加に合わせて、順次ピロティを普通教室へ改造する計画とすることで施設の有効活用を図る計画です。開校は2024年度の予定で総事業費は約61.5億円です。

【出展元】
大阪市>中之島西部地域に小中一貫校を設置します
(仮称)中之島西部地域小・中一貫校舎整備事業

 

 



【事業概要】
• 総学級数:27学級(小学校各3学級=18学級・中学校各3学級=9学級)
※ただし、当初整備計画では全市募集1クラス含む18学級で整備し、今後の児童等の 増加に合わせて、順次ピロティを普通教室へ改造する計画とすることで施設の有効活用を図る

敷地面積 約6,200㎡
建築面積 約2,600㎡
延床面積 約17,000㎡
建設校舎:鉄筋コンクリート造
運動場<地上・屋上>、体育館、プール、ピロティ、普通教室、特別教室、 職員室、給食室、エレベータ 他
総事業費:約61.5億円

 

 

 

 


現地の様子です。撮影していた写真が上の完成予想パースと同じアングルでビックリしました(笑)。当初の計画では中之島5丁目の「もと扇町高等学校」の跡地に整備する予定でしたが、跡地の半分程度を「関電不動産開発」が中之島六丁目に所有する土地と交換し、中之島6丁目に建設する事になりました。

大阪では富裕層を中心に都心のタワーマンションなどへの転入続き人口増加が続いています。今後も住宅開発等により中之島エリアの児童が急増することから、2027年までには教室不足が見込まれており、過大規模化の速やかな解消と学校適正規模での運営を可能と するため、中之島エリアに小中一貫校舎を設置する方針が示されいました。

 

4 COMMENTS

アリー my dear

埋蔵文化財調査が始まってますね。
https://www.constnews.com/?p=86953

〜大阪・中之島の小・中一貫校舎建設予定地で埋蔵文化財調査/24年度の開校めざす/大阪市〜

福島区民

駐車場撤去工事が行なわれています。

ぽり

入学する以前に北区、福島区の保育園、幼稚園は壊滅的になく、ならば南側へと思うと、タワマン急増中の西区は保育園、幼稚園は数はあれど待機順番待ち。
先に小中一貫高が出来た南港は、用途変更でマンション建設が始まるも森友問題で幼稚園閉園、跡地は大和ハウスがマンション建設に向けて今月から解体。なかなか思うようにはいかないものです。

アリー my dear

限られた敷地面積を有効利用した、校舎と体育館・プールを一体化した建物は、都心部における学校のモデルケースですね(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE