MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

西尾レントオールR&D国際交流センター(仮称)建設工事の状況 21.09【2023年3月竣工予定】



総合レンタルおよび関連事業を展開する『西尾レントオール』は、大阪ベイエリアの咲洲(さきしま)に建機レンタルの研究開発を行う拠点施設「西尾レントオールR&D国際交流センター(仮称)」を計画しており2022年3月下旬に建物が完成する予定です。

【出展元】
西尾レントオール株式会社 × 住之江区役所 パートナーシップ協定
西尾レントオール>2019年9月期 決算説明会資料

 

 



計画地は、西尾レントオールが伊藤忠商事から取得した咲洲の土地約2.9万㎡で東西エリア(A敷地、B敷地)で開発が行われます。新拠点は大阪・関西万博の会場に近く、万博で増加が見込まれる建機レンタルの需要を取り込む狙いがある他、AI(人工知能)やIoTを活用したレンタル機材研究や、建機のシェアリングなど新たなレンタルの形を発信・提案し新しいビジネスモデルの構築を目指しています。施設にはオフィス・研修所・宿泊施設・商業施設・産学交流スペース・展示場、MICE関連施設コンビニ、カフェレストランなどが入居します。

 

 

 

全体イメージ。手前がA敷地、奥がB敷地。建物のデザインは記事最上部のパースに変更されている

R&D国際交流センターは段階的に整備されます。第1期では、A敷地の一部とB敷地に、業務・研修所・宿泊施設・商業施設・産学交流スペース・展示場、MICE関連施設などが入る、地上5階建て延べ9159㎡と、地上2階建て延べ9,918.00㎡の施設が建設されます。オフィス機能や研究開発機能、コンビニエンスストア、カフェレストラン、産学交流セミナーとして活用する施設、建機などのデモ用スペースなどが計画されています。

またA敷地の2期事業では、周辺環境や市況などを勘案して、オフィスや宿泊施設を中心に商業施設やホテルなどの高度利用も含めた、国際交易・国際交流機能を持った複合的な施設を検討するとしています。

 

計画概要




計画名称(仮称)西尾レントオールR&D国際交流センター計画
所在地大阪市住之江区南港北1丁目9−1 、8-1,8-4(地番)
交通大阪メトロ中央線 コスモスクエア駅徒歩6分
建築主伊藤忠商事
設計IAOプランニング&デザイン
施工未定
工区A敷地(西エリア)B敷地(東エリア)
主用途事務所、研究開発施設、研修施設、寄宿舎事務所、研究開発・展示施設、研修施設
構 造S造S造
階 数地上5階、地下0階地上2階、地下0階
高 さ25.34m17.2m
敷地面積12,921.25㎡20,116.23㎡
建築面積3,697.00㎡8,853.00㎡
延床面積9,159.00㎡9,918.00㎡
容積対象床面積9,159.00㎡9,918.00㎡
着 工2021年10月上旬(予定)2021年10月上旬(予定)
竣 工2023年03月下旬(予定)2023年03月下旬(予定)
備 考
 

 

2021年9月の様子


現地の様子です。こちらは5階建てのビルが建設されるA敷地(西エリア)です。

 

 


東側からみたA敷地の様子です。A敷地は2期に分けて開発が行われ、状況によってオフィスや宿泊施設を中心に商業施設やホテルなどの高度利用が検討されています。ホテル・オフィスの複合高層ビルが出来ると嬉しいのですが計画は未定です。

 

 

 


こちはB敷地(東エリア)の様子です。こちらには、横幅122m、奥行き64m、2階建ての建物が建設されます。

 

 


最後は西側から見たB敷地の様子です。長年にわたって更地のままだった咲洲ですが、久しぶりに企業が進出し建設工事のつち音が響く事なりました。

 

 

 


90年代は超高層ビルが林立する摩天楼な街並みを夢見ていましたが、違った形でにぎわいが訪れる事を歓迎したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です