MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

大丸心斎橋店北館リニューアル工事の状況 20.08【2020年秋オープン】


大丸本館の建て替えオープンと入れ替わりでリニューアル工事が始まった「大丸心斎橋店 北館」。北館はJフロントリテイリングが展開する商業施設「PARCO(パルコ)」+「専門店街」としてリニューアルされます。現在、休館中している「北館」の開業時期は当初2021年春の得予定でしたが、工期の見直しなどを行い、半年前倒しの2020年秋にオープンする見込みです。

 

大丸心斎橋店北館リニューアル工事の状況 20.03【2020年秋オープン】



大丸心斎橋店北館の再オープンは2020年秋。「PARCO(パルコ)」と専門店街としてリニューアル



 



 

所在地

大阪市中央区心斎橋筋一丁目8-3

建物規模(北館全体)

地下2階、地上14階

延床面積(北館全体)

58,477.47㎡

パルコ賃借部分

地下2階から地上7階(一部賃借範囲外の区画あり)

パルコ賃借面積

約22,000㎡

投資額

約40億円(予定)★パルコ部分

開業時期

2021年春(予定)→2020年秋(予定)に前倒し

 

2020年8月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2020年6月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

 



北館の外壁には、旧そごうのシンボルマーク「ちきり」があしらわれていましたが、今回のリニューアルで新しいデザインの装飾パネルに変わりました。

 

 

 



近くで見上げた様子です。ねじれたフィンの様なデザインとなっています。ライトアップされればメチャクチャきれいだと思います。

 

 


南西側から見た様子です。装飾パネルの取り付けがかなり進んでいます。北西角側は養生ネットが取り払われていました。

 

 


御堂筋側の様子です。エルメスの看板が登場しました。

 

 

 


北西側から見た様子です。

 

 


北東側から見た様子です。

 

 

 


最後は心斎橋筋側から見た様子です。

 

 

 

2020年5月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年4月前半だったので、約1.5ヶ月振りの取材です。

 


南西側から見た様子です。旧そごうのシンボルマーク「ちきり」があしらわれた化粧パネルは全て取り外されました。

 


北東側から見た様子です。

 


シンプルなタイル張り風の外壁が姿を現しました。以前からこんな感じでしたっけ・・・?

 


最後は北館と本館の頂部付近の並びです。

 

2020年4月の様子


現地の様子です。

 

 

西側から見た様子です。北館の外壁には、旧そごうのシンボルマーク「ちきり」があしらわれていました。「ちきり」は縦糸を巻く織機の付属具で、そごうのシンボルマークとして使われてきました。初代十合伊兵衛の生家・絹屋の家紋に由来します。また「ちきり」という言葉と「契り」の連想から、客との結びつきを末長く大切にといった意味も含んでいます。

 

 

 

 

御堂筋側の外壁のアップです。旧そごうのシンボルマーク「ちきり」があしらわれた装飾パネルの取り外しが進んでいます。

 

 

 

壁面のアップです。今回のリニューアル工事で旧そごうの面影は姿を消すことになります。

 

 

 


最後は北西側から見た様子です。

5 COMMENTS

ぷんぷい

果たして東急ハンズは入居するだろうか?

ぽり

1週間でかなり進みました。
旧そごう大阪時代の外壁のバーチカルストライプとひねり部分に出来るちきりで時代の継承をしていますね。
ところで、三菱商事系のGビルですが、インバウンド狙いに特化したテナントばかりなので、この周辺結構閉鎖されています。
Gビルのエルメス御堂筋は残して大丸に新店か撤退して移転なのかも気になるところ。

ぽり

2階のバルコニーのSマークも消えるのでしょうかね。御堂筋正面光壁はダリアを暗喩。心斎橋側の入口半円アーチは3階建て時代のそごうの大屋根を暗喩しています。どうなるのでしょうか。
2006年に御堂ビルから三菱信託銀行が淀屋橋に里帰りの為、撤退した跡地の暫定利用で竹中デザイン展があり、竹中工務店の近代部門16人と現代部門16人の展示があり、そごう心斎橋本店の模型と図面が展示されていました。近代部門の展示内容は後に書籍化されています。
リンク切れのため参考サイト
http://tairyudo.com/tukan03/tukan4186.htm

そごう心斎橋本店開業案内のプレスがまだ残っています。https://www.sogo-seibu.co.jp/pdf/050610_shinsaibashi.pdf

アリー my dear

かつてのそごうを象徴するちきりパネルが撤去されたあと、次はどういった外壁に変化するのか非常に気になるし楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE