【再都市化ナレッジデータベース】

中之島通ー歩行者空間化(公園化)整備工事の状況 20.03【2020年5月29日まで】



大阪市は、中之島公園内に建設中の子供向け図書施設「こども本の森 中之島」周辺の車道を歩行者空間として公園化します。この計画は1年以上前からアナウンスされてましたが、2020年2月15日(土)以降から整備区間(中公会堂前〜堺筋に至る約150m)が車両通行止となり、いよいよ工事が始まる事になりました。

【出展元】
歩行者空間化(公園化)整備のため中之島通の一部を通行止めします
【2020年03月実施予定】大阪市が図書施設「こども本の森 中之島(仮称)」周辺の車道の歩道化を検討中。

 

中之島通の歩行者空間化(公園化)整備工事がスタート!2020年2月15日がら通行止めに





 



公園化される区間はこちらです。現在の車道はイベント開催時の搬入や、人があつまる広場として使える様に石畳風の舗装となり歩道と一体化されます。

 

 

2020年3月の様子


歩道化の検討区間沿いには、2020年3月に開館する子供向け図書施設「こども本の森 中之島」や、美術館などがあります。しかし図書館側から広場や芝生のエリアまで移動するには、大きく迂回して横断歩道を渡る必要がありました。大阪市は子供が安全に読書を楽しめるよう、通行環境の整備に向けた検討を進めていました。

 

 

 

工事は2020年5月29日までの予定、となっています。

 

 

 

 

現地の様子です。2020年2月15日から道路を通行止めにして工事が始まりました。

 

 

歩道と車道の段差を埋めるスロープが作られています。

 

 

 

駐輪場へのアクセスはこんな感じで確保されていました。完成時にどのような姿になるかは、まだ解りません。

 

 

 

 

反対側から見た様子です。

 

 

 

 

 


最後は中央公会堂の様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です