MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

中国国立海洋博物館(National Maritime Museum of China)水生生物に触発された有機的なデザインが凄い



オーストラリアの建築スタジオCOX Architectureは、中国の天津にある中国初の国立海洋博物館を完成させました。 「中国国立海洋博物館」は、中国天津市のウォーターフロントに新たに建設された印象的な建物で、目を引く曲線のデザインを特徴としています。このプロジェクトでは、太陽光発電や雨水回収システムなど、エネルギー効率の高い技術が採用されています。

天津市外の港湾にある8万平方メートルの博物館は、2011年の国際デザインコンペを通じて優勝プロジェクトとして建設されました。博物館は、港湾に向かって放射状に広がっていて、中央の序章ホールに集まっている5つの細長い巨大ホールで構成されています。

【出展元】
COXアーキテクチャ

 

 

COX Architectureは2013年に建築コンペを経て、国立海事博物館の建設を依頼されましたが、このプロジェクトにはエンジニアリング大手のArupも参加しています。この博物館は8万平方メートルの広さを持ち、主要構造物は1万7,000トンのスチールで構成され、外観は3,500平方メートルのガラス張りと5万5,000平方メートルのアルミニウムで仕上げられています。最大の片持ち梁の部分は約42mもの高さから突き出ています。

 

 

中国国立海洋博物館の最大のカンチレバーは、長さ約42メートルです。中国最大のカンチレバーは長さ約42メートルの国立海事博物館 テレンス・チャン一見しただけでは想像できないような外観もあります。外壁には雨水を貯水タンクに流す排水システムが内蔵されており、この地域の乾燥した時期に使用することができます。また、パターン化されたファサードは、この地域では重くなる可能性のある雪の負荷を軽減するのに役立ちます。さらに、建物は地域の地震活動を軽減するように設計されています。

 

 

 

 

 

屋根の上には太陽電池パネルのアレイがあり、グリッドベースの電力使用量を削減し、エネルギー効率の高い地熱暖房システムが地下100m(328フィート)で稼働し、内部の快適な温度を維持するのに役立っています。

 

“古代の海”、”今日の海”、”発見の旅”、”龍の時代 “というテーマに焦点を当てた、4つの翼からなるランドマーク的なプロジェクトである “とCOXアーキテクチャは語りました。

“3階建ての博物館は8万平方メートルをカバーし、6つの展示エリアと15の展示ホールがあります。これらのホールは相互に連結されているため、来館者はヨーロッパ、アメリカ、そしてより広いアジアでの出来事に関連した中国の海洋の進化を理解し、解釈する機会を提供しています。

 

 

天津は近年、Bernard Tschumi Architectsによる博物館、MVRDVによる図書館、SOMによる2019年の最も高い建物など、注目すべき建築物が計画されています。

 

 

 

 

ギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE