山陽電鉄ー西新町駅高架化工事の状況 16.01 Part1(ホーム施設)

th_IMG_0772_2016011121301452e.jpg


山陽電鉄ー西新町駅付近の高架化工事は、兵庫県と明石市、山陽電鉄が実施している連続立体交差事業(連立事業)の一環で、西新町駅を含む明石川から林崎松江海岸駅東方までの約1.9kmを高架化し、国道2号を含む9カ所の踏切を解消する鉄道の高架化か工事です。この工事は2006年12月に着手され、2011年6月18日に仮線に切り替えられましたが、2015年6月20日の高架切替えで上下線とも一気に高架化され、高架駅となる西新町駅にはホームへのエレベーターやエスカレーターが設置されました。


鉄道の連続立体交差事業は上下線を段階的に高架化するケースが多いですが、今回は上下線を一気に仮線に切り替え、さらに一気に高架線に切り替える珍しいケースとなります。総事業費は約261億円。









th_IMG_0778_20160111213016af0.jpg


高架化された西新町駅の様子です。大手私鉄の高架駅並みに立派な駅に生まれ変わりました。














th_IMG_0802_201601112130171ee.jpg


ただ、西新町駅はホーム長は120mで6両編成対応となっていますが、普段は普通電車のみが停車する駅なので、ホーム上屋は3両分しかありません。
















th_IMG_0779_20160111213018fc8.jpg


普通電車のみ停車する小規模駅であっても、待合室、エレベーター、エスカレータ(上り専用)は完備されています。














th_IMG_0791.jpg

階段付近の様子です。












th_IMG_0793_2016011121302066c.jpg

完全にクリアな階段のスクリーンはけっこう珍しいです。














th_IMG_0795.jpg



発車標は高解像度フルカラー対応の3段表示となっています。

















th_IMG_0783_20160111213029418.jpg


エレベーターの様子です。














th_IMG_0780_2016011121303214b.jpg


待合室の様子です。













th_IMG_0785_20160111213031203.jpg


待合室内部の様子です。当然エアコン完備で快適な待合い空間が提供されています。











th_IMG_0837.jpg


上屋の様子です。当然の如くLED照明が採用されています。
















th_IMG_0787_20160111214637bf1.jpg

最後は、駅名票などインフォメーションボード類の様子です。
(Paet2に続く)

関連記事
[ 2016/01/19 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(1)

せっかくきれいになったのにちょっとちぐはぐな感じが
赤色のラインは要らなかったんではないでしょうか
[ 2016/01/21 01:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3516-a11fd17c