ANAインターコンチネンタルホテル東京

th_IMG_8453.jpg

ANAインターコンチネンタルホテル東京は、東京都港区赤坂1丁目に建設された、地上37階、高さ132.85m、延床面積98,331.68 m²の超高層ビルです。客室数は84411のレストラン&バー、ショッピングアーケード、大小20の宴会場、フィットネスルーム、ガーデンプール、エステティックサロン、ビジネスセンターなどを備えた巨大ホテルです。1986年に東京全日空ホテルとして六本木アークヒルズ内に開業した。2007年東京全日空ホテルからANAインターコンチネンタルホテル東京にリブランドしました。現在の運営はIHGANAホテルズグループです。












th_IMG_8475.jpg


【スペック】
名称:ANAインターコンチネンタルホテル東京
所在地東京都港区赤坂1-12-33
階数:地上37階、地下3
高さ:132.85m
構造S造、SRC造、RC
杭・基礎
主用途:事務所
部屋数:844
敷地面積:10,984.69 m²
建築面積:8,940.98 m²
延床面積:98,331.68 m²
建築主:森ビル
設計者入江三宅設計事務所、建設設備設計研究所
施工者:鹿島建設、戸田建設、フジタ工業、竹中工務店JV
着工:1983年11月
竣工1986年06月










th_IMG_8488.jpg


ANAインターコンチネンタルホテル東京の外観形状は「A」を模した三角形となっています。見る角度によって表情が変わる、シンプルながらデザイン性の高いビルだと思います。











th_IMG_8480.jpg



三角形の頂点を中心にしたアングルです。














th_IMG_8506.jpg


ANAインターコンチネンタルホテル東京は竣工から約30年が経過してますが、未だに色褪せる事のないカッコイイビルだと思いました。

関連記事
[ 2016/06/16 00:00 ] 東京23区 港区 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3766-402fc19b