MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.06









IMG_7855.jpg


前回取材時は1本目のタワークレーンが出現した直後でしたが、約1ヶ月半振りの取材となる今回はタワークレーンが2本に増え、敷地全体渡って鉄骨が成長していました。










IMG_7859.jpg


アップで。長い間、旧建物の解体工事が行われていましたが、ようやくここまで成長してきました。2期棟は超高層建築物ではないので、後は一気に建物が立ち上がって来ると思います。













IMG_7868.jpg


梅田歩道橋から見た阪急梅田本店・二期棟建設工事の様子です。ここからも鉄骨の頭が確認出来る様になってきました。












IMG_7869.jpg


北西角に現れたRの部分をアップで。この辺りに復活する、JR大阪駅御堂筋口からムービングウォーク前に至る導線部分がどんな風になるのが?がとても楽しみです。










IMG_7790.jpg



最後は環状線201系とタワークレーンを絡めて。建設工事が進む阪急梅田本店・二期棟建設工事。再々度のリスケジュール後、ようやく建設工事が起動に乗って来た印象を受けました。

5月にグランドオープンした大阪ステーションシティの影響が心配されましたが、周辺の百貨店が受けた影響は予想よりは小さかった様です。現在の戦況は、増床リニューアルした大丸がまさかの大勝利、建替え工事中の阪急とデパ地下最強の阪神は微減、新規オープン組ではルクアは大成功、JR三越伊勢丹はかなり苦戦、こんな感じではないでしょうか。

しかし、各店の戦いはまだ始まったばかりです。これから各店が何を仕掛けて、何処を修正してくるのか?何れにしてもライバル同士の健全な競争は、売場、店舗、梅田エリアのさらなる洗練を生み出して行く事は間違いなさそうなので、今後を見守って行くのが楽しみになってきました。



2 COMMENTS

大阪淀屋

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
梅田商圏は阪急百貨店の幹部の話ではヨドバシオープン時に一気に商圏が新快速エリア、姫路から大垣まで広がったと話していました。大丸のポケモンセンターやトミカ、ハンズはまさにヨドバシに匹敵し、一気に商圏と客層を拡大したようです。私の住む神戸市西区西神中央からも三宮を通り越して家族で大丸に行くようになりました。大丸の売上はテナント料を売上としてカウントすると発表していましたから実質は2倍以上の売上で大成功といえます。梅田での阪急、阪神との競争を知り尽くした成果でしょう。
伊勢丹三越が阪急に対抗するには売り場面積で阪急並みの8万は必要でした。京都での成功で慢心があったのと三越との混成で売場コンセプトに混乱があり、場所の悪さとあいまって今後も厳しいと予測します。
阪急の立替が進みだしたのはうれしいです。なんせ本館だけで84000の大売場です。その後のグランフロント一期オープン、更に郵便局跡、梅田東、二期と大型再開発は目白押しでいよいよ大梅田のスタートと予感しています。

アイラブオオサカー

SECRET: 0
PASS: aa98a85119ba51551b31513da7cfdbfa
梅田の街全体がさらに輝きを増してほしいと心から願っています。
まだまだ発展途上中、これからが正念場(^-^)=b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です