新規プロジェクト情報などの書き込みは、こちらの【再都市化ナレッジベース】ページのコメント欄にお願いします。

梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 18.02


梅田1丁目1番地計画は、 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングと隣接する新阪急ビルを一体的なビルに建て替える大規模再開発計画です。 新ビルは地上38階、地下3階、高さ188.9m、延床面積約257,000m2の超巨大なビルになります。工事は東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工され、1期工事は2018年春に、2期工事は2021年秋に竣工する予定です。


【出典元】
H2OリテイリングHP>阪神梅田本店建替えの工事施行計画の決定について(PDF)
梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) において改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分の建築工事がはじまりました


【過去記事】
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.12
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.10

建替え中の阪神百貨店の外壁が甲子園球場のツタで覆われる?梅田1丁目1番地計画の外壁はツタを這わせ壁面緑化される様です。
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.09

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.08
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.08

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.06
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.06

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.04

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.01
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.01

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.10
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.10

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.07

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.06
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.06

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.05
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.05

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.04
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.04

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.03
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.03

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.02
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.02

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.12
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.12

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.11
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.11

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.09
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.07

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.04

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.12
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05
阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース











th_001_20160507233136377.jpg





■工事施行計画 

現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングを東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工。

 ■総投資額 約450億円 


 ■工事スケジュール 
工事に伴い、2014年4月より売場縮小工事を順次行い、2021年秋頃まで減少した売場面積での営業。


 ●準備工事(ビル縮小に伴う階段・エレベーター等の移設工事)
2014年2月~

 ●Ⅰ期工事 
2015年春頃 大阪神ビルディング東側解体工事着手
2018年春頃 Ⅰ期棟竣工・阪神梅田本店Ⅰ期棟オープン

●Ⅱ期工事 
2018年春頃 大阪神ビルディング西側解体工事着手
2021年秋頃 Ⅱ期棟竣工

●阪神梅田本店グランドオープン 
2021年秋頃 阪神梅田本店グランドオープン









大阪神ビルディング及び新阪急ビルは、幅20mの道路によって隔てられていますが、新ビルは公道(市道)をまたぐ形で、一体的なビルとして建設されます。 今まで、既存の公道上には、ビルを連絡する連絡通路の設置しか出来ませんでしたが、2011年に成立した改正都市再生特別措置法に基づく特例により、大都市の中心部で規制が緩和されました。
■ 百貨店ゾーン
新しくなる阪神百貨店(阪神梅田本店)の規模は現在と同程度て(延床面積: 約100,000m²)。フロア数は11層 (地下2階から地上9階まで)を計画。



■ カンファレンスゾーン屋上広場
道路上空を建築利用することで生まれる大空間を活用し、地上11階に約3,000 m²のカンファレンスゾーンを整備。カンファレンスゾーンを、“ビジネス情報発信の場”“国際的に活躍する人材育成の場”“多様な人材による交流の場”として 活用することで、梅田地区におけるビジネス活動を活性化し、国際競争力の強化に資することを目指す。

低層部分の屋上には、賑わいと交流の場を創出するために屋上広場を整備するとともに、都市環境の改善に資する屋上緑化等を行い、オフィスワーカーや来街者向けに ゆとりと潤いのある豊かな空間を形成。カンファレンスゾーン&屋上広場は、災害時には帰宅困難者の一時滞留スペースとしても活用、防災性の向上にも貢献。



■ オフィスゾーン
高層部分(地上11階~38階)に、最新の設備を備えた西日本最大規模の1フロア当たり面積約4,500m²の大型オフィスを整備。11階にスカイロビーが設けられ、地上部から大型エレベーターで直接アクセスが可能、 スカイロビーと百貨店ゾーンはエスカレーターで接続される。
 

 

 



現地の様子です。前回の撮影が2017年12月だったので約2ヶ月振りの取材です。3機あったタワークレーンは全て解体され、外装はかなんり完成状態に近づきました。上の写真は1期工事の北側の頂部付近の様子です。2期工事で建設される超高層オフィスタワーの土台部分がハッキリと解りますね。

 

 

 


こちらは1期工事の南側、元新阪急ビル付近の様子です。市道を隔てて2棟のビルだった事が嘘の様な自然な仕上がりです。

 

 

 

 


工事はビル周辺の公開敷地の仕上げが活発化しています。

 

 

 



梅田新歩道橋と接続される2階エントランス付近の様子です。大きなガラスの塔が出現していました。エレベーターなのですが、これがかなりカッコイイです!

 

 

 


また、エレベーターの南側には大きなガラス屋根が設置されていました。

 

 

 



外装カーテンウォールの奥に見える内部の様子です。パンチングメッシュ加工が施された化粧板は、こうやって見ると、少しだけ「木」の様な雰囲気があります。

 

 

 


撮影ポイントを変えて、梅田新歩道橋との接続箇所のアップです。敷地外からハイアングルで撮影しました。

 

 

 


最後は、梅田新歩道橋とサウスゲートビルを結ぶスカイウォークから見た、現地の様子です。

 

3 Comments

スライム

しかし、デカい。
11階まで全部百貨店にすれば、阪急梅田に匹敵できる広さです。

この巨大なフロア面積を生かした売り場を展開して欲しいところですが、オーバーストア気味の梅田ですので、インバウンド向けのショップが現実的でしょうか。いずれにせよもう少し先の話です。

匿名

はたしてGWまでに阪神百貨店の移転ができるかどうか

ぽり

既存部の化粧パネルはアルミ鋳物で一体型ですが、建て替え部のパネルは鋼板に支持部材溶接なので建物内からはメカニカルな印象です。2階回廊はウッドデッキだそう。 1期部にイートインが6月頃に復活するらしいのですが、段階的開業なのか一斉開業なのか発表がないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です