MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

MJR堺筋本町タワー(ザ・船場タワープロジェクト) 建設工事の状況【2021年04月竣工】


MJR堺筋本町タワー(ザ・船場タワープロジェクト)は、大阪市中央区南本町1丁目の帝人旧本社ビル跡地に建設されているタワーマンションです。帝人の大阪本社は2017年05月に中之島フェスティバルタワー・ウエストに移転しました。また4月には、総務、人財、人事、経理、財務・IR、資材・物流などの部署が肥後橋シミズビルに移転しています。

JR九州は帝人旧本社ビルを約100億円で取得し再開発を勧めています。同社の鉄道事業は大きな成長は見込みにくい為、今後は不動産事業に注力し上場後の成長力を確保する戦略です。

【出典元】
MJR堺筋本町タワー


 


完成予想パースです。墨色を特徴的に使い、世界の繊維をリードしてきた船場へのオマージュとして洗練された「刺し子」の技法を取り入れた外観デザインが渋いです。MJR堺筋本町タワーは低層部が賃貸マンション及び駐車場で分譲区画は15階以上に配置されています。
MJR堺筋本町タワーは、大阪都心では中々出てこない駅直結の希少性や、四方に超高層ビルが近接していない「抜けている立地」、JR九州がメンツをかけて開発しているプロジェクトなので、設備関係が他の物件に比べてランクが高く、予想以上に人気がある物件となっています。


 

近年の大阪都心部の業務エリアは梅田・中之島方面に向かって徐々に北上している状況です。それに伴い本町界隈は純然たる業務エリアからステータス感のある職住近接エリアに変化しつつある様に見えます。

30年前ほど前の梅田は、現在の様なステータス感は全くなく、企業がオフィスを構える場所としては「格落ち」感がありどちらかと言うと敬遠されていたそうです。当時は御堂筋、本町エリアのステータス感が圧倒的で大企業はこぞって本町に拠点を構えました。それが時代が変わり、交通利便性に秀でる梅田エリアのビジネスセンターとしての地位は劇的に向上、同時期に中之島西部の再開発も進み、都心部の業務エリアの中心軸の北上が始まりました。梅田の地位向上とブランド力のアップを見ていると、これからさらに30年後は、今では考えられない様な都心構造に変化しているかもしれませんね。



【物件概要】
名称:MJR堺筋本町タワー
計画名称:(仮称)大阪南本町タワー
所在地:大阪市中央区南本町1丁目11番
階数:地上37階、塔屋1階、地下1階
高さ:137.5m
構造:RC造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅(分譲・賃貸)
総戸数:296戸
敷地面積:2,844.46m2
建築面積:1,920m2
延床面積:47,400m2
容積率対象面積:34,130㎡
建築主:JR九州(九州旅客鉄道株式会社)
設計者:INA新建築研究所
施工者:西松建設
着工:2018年07月(予定)
竣工:2021年04月(予定)

 

所在地:大阪市中央区南本町1丁目11番


 

2020年5月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2020年4月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

 

南西側から見た様子です。

北東側から見た様子です

北西側から見た様子です。

2020年4月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2020年3月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

南側空見た様子です。かなり高くなってきました。目測で28〜29階付近を構築している様に見えました。

南西側から見た様子です。

北東側から見た様子です。

最後は北西側から見た様子です。

2020年3月の様子

南東側から見た様子です。かなり高くなってきました。

南側から見たファザードの様子です。高層部は黒を基調とした色味に変わるので、完成時には印象が大きく変わると思います。ちなみに1F~14Fは賃貸マンションとなっています。

南西側から見た様子です。

北西側から見た様子です。


最後は北東側から見た様子です。

2020年1月の様子

南西側から見た様子です。

南東側から見た様子です。

特徴的な色使いのファザードの様子です。高層部は黒を基調とした色味に変わるので、完成時には印象が大きく変わると思います。ちなみに1F~14Fは賃貸マンションとなっています。

開いたゲートから見た内部の様子です。

北東側から見た様子です。

最後は北西側から見た様子です。

2019年10月の様子


南東側から見た様子です。

躯体が上に向かって伸び始めました。取材時には地上7階付近を構築している所でした。

北東側から見た様子です。外装パネルが少しだけ顔をだしていました。

最後は北西側から見た様子です。

2019年9月の様子

南東側から見た様子です。

今回取材してみると本体棟の躯体工事が進み上に向かって伸び始めていました。

北東側から見た様子です。

最後は北西側から見た様子です。

2019年4月の様子




南東側から見た様子です。ついに1機目のタワークレーンが姿を現しました!

南側から見た様子です。

北東側から見た様子です。

開いたゲートから見た内部の様子です。


最後は北西側から見た様子です。

2018年6月の様子



南東側から見た様子です。


帝人ビルの解体工事が進み旧建物はすっかり姿を消していました。



JR九州は上場を果たしましたが鉄道事業は厳しく、生き残る為には多角化経営をすすめる必要があります。大阪都心部での大型タワーマンション建設は、そんなJR九州の重要な戦略の1つなので、同社にとっても気合の入った計画となりそうです。


最後は北西側から見た現地の様子です。

2018年4月の様子




南西側から見た様子です。


旧ビルの解体工事は粛々と進んでいる印象で、この2ヶ月間でかなり小さくなりました。



北東側から見た様子です。


最後は北西側から見た現地の様子です。

2018年2月の様子



南東側から見た様子です。


帝人ビルディング全体が防護壁に覆われ解体工事が本格化してきました。大阪でここまで大規模な高層オフィスビルが解体されるのは、実は初めてなのではなでしょうか・・・。


南西側から見た様子です。解体用に大きなタワークレーンが建っています。


撮影時点では地上16,17階躯体の解体工事が行われている所でした。


計画地北西側のコインパーキングが閉鎖され「マンションギャラリー建設地」の看板が立ちました。



最後は中央大通側に掲げられた「JR九州」のロゴマークをパチリ。JR九州は上場を果たしましたが鉄道事業は厳しく、生き残る為には多角化経営をすすめる必要があります。大阪都心部での大型タワーマンション建設は、そんなJR九州の重要な戦略の1つなので、同社にとっても気合の入った計画となりそうです。

2017年9月の様子


th_IMG_0723_20171003220145c9d.jpg
南東側から見た様子です。

th_IMG_0710_201710032201492d7.jpg

北西側から見た現地の様子です。

th_IMG_0714_20171003220337d4e.jpg

現地では敷地全体が仮囲いで覆われ解体工事が本格化していました。撮影時点では内部でアスベスト除去が行われている所でした。

th_IMG_0708_201710032203360dd.jpg

少し引き気味で見た様子です。塔屋の「TEIJIN」のロゴマークも、もう少しで見納めです。

th_IMG_0706_20171003220338d5f.jpg


近年の大阪都心部の業務エリアは梅田・中之島方面に向かって徐々に北上している状況です。それに伴い本町界隈は純然たる業務エリアからステータス感のある職住近接エリアに変化しつつある様に見えます。

2017年7月の様子


th_IMG_1396_20170713213639f47.jpg
南西側から見た様子です。
th_P_20170713_154959.jpg
現地の様子です。既に駐車場は閉鎖され解体前の準備工事が始まりかけている所でした。
南西側から見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE