【再都市化ナレッジデータベース】

札幌駅北8西1地区再開発事業がついに着工!高さ175mのタワーマンション等を建設【2023年12月完成予定】

  長らく塩漬けだった再開発がついに着工されました!札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合は2020年7月3日に、札幌市北区北8西1の現地で起工式を行いました。長年の懸案だった再開発計画ですが、2023年12月の完成を目指して工事が始まりました。

(仮称)北8西1地区第一種市街地再開発事業は、JR札幌駅の北東側約300mに位置する北8西1地区(約1・6ha)で計画されている市街地再開発事業です。この再開発は、地上48階、地下2階、高さ175m、総戸数632戸のタワーマンションが入るA棟を中心に、ホテル・物販店が入る14階建ての中層ビルのB棟などで構成される複合再開発です。

当初は高さ180mの高層マンション2棟が計画されていましたが、1棟に規模を縮小の上、販売戸数が当初の約900戸から約600戸に減らされました。日影の環境問題と資材価格などの工事費高騰が重なった為、スケールメリットよりコンパクト化を目指して事業を成立させる方針に切り替えられました。

  【出展元】 →札幌市>北8西1地区札幌市>北8西1地区について(PDF)


 

 


計画名称 北8西1地区第一種市街地再開発事業
A棟 B棟
所在地 地名地番:
北海道札幌市北区北8条西1丁目1-1ほか
住居表示:北海道札幌市北区北8条西1丁目
地名地番:
北8条西1丁目1-4ほか
階数 地上48 階、棟屋2階、地下2 階 地上14 階、地下1 階
高さ 175.20m 50.70m
構造 RC造、一部S造 RC造、一部S造
基礎
主用途 共同住宅、店舗(物販、飲食、その他)、事務所、自動車車庫、多目的ホール ホテル、物販店舗
総戸数 632戸
客室数
敷地面積 9,712.88 ㎡ 1,967.25 ㎡
建築面積 6,982.88 ㎡ 1,419.77 ㎡
延床面積 99,384.06 ㎡ 14,462.97 ㎡
容積対象面積
商業面積
建築主 札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合
設計者 日本設計・ドーコン
施工者 大成建設・伊藤組土建・スターツCAM JV
着工 2020年07月01日
竣工 2023年12月31日
開業
備考1 札幌駅付近の北8西1地にJRタワーと並ぶ高さ175mの超高層ビルを建設する大規模な再開発計画。分譲マンション(632戸)やオフィス、店舗、ホテルなどからなる地上48階建ての複合ビルが建設される。札幌と国内外とを結ぶ「都心アクセス強化道路軸」の玄関口に当たる立地特性を活かし、国内外の多様なニーズやビジネスパーソン等に対応する居住機能等を導入 。JR札幌駅周辺と再開発ビルを地下通路で直結するため、地下鉄東豊線さっぽろ駅コンコースを北側へ140m延伸させ、新ビルと地下通路でつなげ、札幌駅北口への新たな拠点としての役割を担う。社会資本整備総合交付金、防災・省エネまちづくり緊急促進事業。

【進捗状況】
昭和63年 2月 再開発研究会設立
平成 3年10月 再開発協議会設立
平成19年 2月 再開発準備会設立
平成20年 2月 再開発基本計画策定
平成21年 7月 再開発準備組合設立
平成26年 8月 都市計画決定
平成29年 9月 都市計画変更
平成30年12月 都市計画変更
令和元年 6月 組合設立認可
備考2 住宅部は大和ハウス工業、住友不動産、東急不動産、NIPPO、オフィス部は大和リースが担当 ホテルはスターツコーポレーションが担当。同社が展開する、 「ルミエール」または 「エミオン」ブランドになる可能性がある
 

 

 


現地の様子です。札幌駅の近くですが、老朽化だ進んだ低層の建物と駐車場が混在する土地の低利用が目立つエリアでした。

 

 


北海道で最大規模の大型タワーマンションが建設されると状況が一変しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です