ヤンマー本社ビルが竣工。最新・最旬・最高を謳うグローバル旗艦店「UNIQLO OSAKA」もグランドオープン!

th_IMG_3675.jpg


ヤンマー新本社ビル(YANMAR FLYING-Y BUILDING)は、茶屋町にあった同社の旧本社ビルを解体し、跡地に新しい複合オフィスビルを建設する、ビルの建替え計画です。2013年1月29日に新本社ビルの起工式が行われ、本体新築工事が着手されました。新本社ビルは阪急梅田駅の東側に隣接した約 2.2haに対する再開発計画「茶屋町地区地区計画」の旧ヤンマー本社ビル跡(A-1地区、面積約0.6ha、容積率800%)に建設されます。
【過去記事】
最新・最旬・最高を謳うグローバル旗艦店「UNIQLO OSAKA」は2014年10月31日AM10:00ににオープン!
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.09
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.08
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.07
ユニクロが、建設中のヤンマーグループ新本社ビル(仮称)に国内3店舗目のグローバル旗艦店「UNIQLO OSAKA」を出店する事を発表
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.05
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.04
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.02
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.01
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)13.10
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)13.07
ヤンマーグループ新本社ビル、本体新築工事に着手!
茶屋町地区地区計画 12.12














th_IMG_3672_2015020123355350a.jpg



【スペック】

名称:ヤンマー新本社ビル(
YANMAR FLYING-Y BUILDING)
所在地:大阪市北区茶屋町51-11、57-3
階数:地上12階、塔屋2階、地下2階
高さ:71.33m
構造:S造、一部SRC,RC造
杭・基礎 :ーーー
主用途:事務所、物販店舗、駐車場、その他
総戸数:ーーー
敷地面積:2,500.01m2
建築面積:1,554.59m2
延床面積:19,276.21m2
建築主:セイレイ興産
設計者:日建設計
施工者:竹中工務店
着工:2013年05月
竣工:2014年09月(予定)
















th_IMG_3678.jpg


このヤンマー新本社ビルには、日本国内3店舗目となるグローバル旗艦店「UNIQLO OSAKA」がオープンしました。大阪では「ユニクロ 心斎橋店」に次ぐ2店目で、国内では3番目のグローバル旗艦店となります。ユニクロのグローバル旗艦店は世界に向けたショーケースと位置づけられる特別な店で、観光や仕事で大阪に来られた世界中のお客様に最新・最旬・最高のユニクロを発信する役割を担っています。

日本初のグローバル旗艦店は心斎橋店で2010年10月にオープンしており、2年後には東京・銀座に2店舗目を出店、今回の梅田は3店舗目に出店となります。


■グローバル旗艦店

① 2006年11月 NY ソーホー ニューヨーク店(アメリカ)
② 2007年11月 オックスフォード 311 オックスフォードストリート店(イギリス)
③ 2009年10月 パリ オペラ店(フランス)
④ 2010年05月 上海 南京西路店(中国)
⑤ 2010年10月 大阪 心斎橋店
⑥ 2011年09月 台北 明曜百貨店(台湾)
⑦ 2011年10月 NY ニューヨーク5番街店(アメリカ)
⑧ 2011年11月 ソウル 明洞中央店(韓国)
⑨ 2012年03月 東京 銀座店
⑩ 2013年05月 香港 リー・シアター店(中国)
⑪ 2013年10月 上海 UNIQLO SHANGHAI店(中国)
⑫ 2014年04月 ベルリン タウエンツィーン店(ドイツ)
⑬ 2014年10月 大阪 UNIQLO  OSAKA











th_IMG_3664.jpg


UNIQLO OSAKAでは、日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語に対応できるスタッフに加え、約120坪のキッズとベビーの専門売場に幼稚園教育免許などを持つスタッフを配置。4階には自分でデザインしたイラストをその場でプリントできる「UTme!」も体験可能な、1年を通してユニクロのTシャツ「UT」を販売する関西初の「UT」フロアも設置されます。売場面積は地上1~4階の約890坪で営業時間は11~21時です。

窓越しには回転マネキンがズラリと並んでいます。最新・最旬・最高を謳うUNIQLO OSAKAのVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)は、凄いの一言で、「まるで近未来の服屋に入ったみたい!」という印象を持ちました。特にデジタルサイネージを効果的に使っており、コンテンツの作り込みも凄いと思いました。















th_IMG_3689_20150201233607f61.jpg


ヤンマー本社ビル(YANMAR FLYING-Y BUILDING)本体を見て行きましょう。こちらは東側から見た様子です。















th_IMG_3812.jpg


hepの観覧車から見た、ヤンマー本社ビルの様子です。南側壁面の東側(写真右)は大規模な緑化が行われています。季節が進み暖かくなるにつれ、緑色に変わってゆくと思います。














th_IMG_3818.jpg


頂部の様子です。太陽電池パネルがビッシリと取り付けられています。屋上には「R」マークが描かれたホバリングスペースが設けられています。















th_IMG_3744_2015020123360298e.jpg


最後は引き気味のアングルで見た、ヤンマー新本社ビルの様子です。

関連記事
[ 2015/02/02 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2964-3b2217ce