新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【全面開業は2022 年春】大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅡ期部分の新築工事が6月1日に着工!


阪急阪神グループが工事を進めている梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)は、 工事は東西にて2工区に分け、東側を期、西側を期として2段階で施工されています。

工事は201410月に新阪急ビルの解体工事に着手し、20152月から大阪神ビルの解体工事を開始。2018427日(金)に1期棟が竣工、201861日(金)に阪神百貨店が1期棟に移転開業しました。その後旧阪神百貨店を解体の解体工事が行われていましたが、跡地に超高層ビルを建設する2期工事が2019年6月1日から始まります。

【出典元】
大阪梅田ツインタワーズ・サウス期部分の新築工事に 6 1 日から着手します
梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)
2018年4月27日(金)に期棟が竣工、6月1日(金)には阪神百貨店が部分開業

【過去記事】
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況19.04
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況19.03
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況19.02
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.12.30
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.11
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.09
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.08
阪神百貨店建替え2期工事ー大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.07

阪神百貨店建替え1期棟が開業!大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.06(ビル外観編)
阪神百貨店建替え1期棟が開業!大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.06(外周デッキ・歩道編)
阪神百貨店建替え1期棟が開業!大阪梅田ツインタワーズ・サウスの状況18.06(地下通路・スナックパーク編)

大阪梅田ツインタワーズ・サウスー阪神百貨店1期部分の状況 18.05(ビル外観編)
大阪梅田ツインタワーズ・サウスー阪神百貨店1期部分の状況 18.05(ビル周辺編)

建替え中の阪神百貨店1期部分は201861日に開業!ビル名称を「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定!
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 18.03
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 18.02
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.12
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.10
建替え中の阪神百貨店の外壁が甲子園球場のツタで覆われる?
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.09

 

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.04
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.04

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.03
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.03

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.02
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.02

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.12
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.12

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.11
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.11

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.09
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.07

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.04

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.12
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05
阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース

 

 

梅田1丁目1番地計画の大まかな工程

th_001_20160507233136377.jpg

■工事施行計画 
現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングを東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工。

 

 ■工事スケジュール 
工事に伴い、2014年4月より売場縮小工事を順次行い、2021年秋頃まで減少した売場面積での営業。

 

期工事
2014 10 1 日 新阪急ビル解体工事着手
2015 2 18 日 大阪神ビルディング東側解体工事着手
2015 7 21 日 期部分新築工事着手
2018 4 27 日 期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)
2018 6 01 日  新百貨店の部分開業

 

期工事
2018
6 1 日 大阪神ビルディング西側解体工事着手  
2019 年 6 月 1 日 Ⅱ期部分新築工事着手 ←今ココ 
2021 年秋 Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)
2022 年春 全体竣工 ※オフィスゾーン、カンファレンスゾーンの開業


 
大阪神ビルディング及び新阪急ビルは、幅20mの道路によって隔てられていますが、新ビルは公道(市道)をまたぐ形で、一体的なビルとして建設されています。 今まで、既存の公道上には、ビルを連絡する連絡通路の設置しか出来ませんでしたが、2011年に成立した改正都市再生特別措置法に基づく特例により、大都市の中心部で規制が緩和され実現しました。

2019年6月1日から2期部分新築工事に着手!

 


阪神電気鉄道株式会社と阪急電鉄株式会社は、2019年5月27日付けのニュースリリースで、大阪梅田ツインタワーズ・サウス期部分の新築工事を6 1 日に着工すると発表しました。延床面積 約 260,000 ㎡(期部分・期部分の合計)に及ぶ巨大開発計画は、いよいよ佳境に入ります。

 

 

 

カンファレンスゾーンの多目的ホールは「梅田サウ スホール」

 

大阪梅田ツインタワーズ・サウスの 11 階整備されるカンファレンスゾーンには、多目的ホール「梅田サウ スホール」が設置されます。 大阪・梅田の各駅と地下でつながり、天候に影響を受けることなくアクセスできるこのホール には、ガラス張りの開放的で明るいホワイエ(641 ㎡)を挟んで、天井高 7.0m の大ホール(882 ㎡)と天井高 4.7m の小ホール(180 ㎡)が設けられます。「ビジネス情報発信の場」「国際的に活躍する人材育成の場」「多様な人材による交流の場」となる使いやすいコンベンショ ン施設として、MICE イベントやセミナー、商談会、展示会、パーティなど様々な用途で利用が可能です。 運営は、西梅田のハービス OSAKA 内の多目的ホール「ハービス HALL」を管理運営する阪急阪 神エステート・サービス株式会社が行います。

 

 

12 階にオフィスワーカー専用フロア「WELLCO」(ウェルコ)を設置


新ビルのオフィスゾーン(地上 11階~38階)は、心と体が満たされるワークプレイスを目指して「つながる梅田の中心」「おもてなしサービスのあふれるビル」「ウェルビー イング※を実感」の3つのコンセプトを掲げ、オフィスワーカーの専用フロア「WELLCO」(ウェルコ)が12 階に設置されます。このフロアは、適切な休息やオフィスワーカー同士の交流を通じた学びが、心身の調和と活力の向上をもたらし、創造性豊かな仕事につながる好循環を生み出すと考え、「よく休み、よく働き、よく学ぶ」ことができる機能を集積します。

ウェルビーイング(Well-Being 1946 年の世界保健機関(WHO)憲章草案において、「健康」を定義した記述の中で「良好な状態(Well-Being)」 として用いられた言葉で、個人の権利や自己実現が保障され、身体的・精神的・社会的に良好な状態にあること (幸せな気持ちでいられること)を意味する。

 

 

 


WELLCO」(ウェルコ) は「よく休み、よく働き、よく学ぶ」(=Well)ことで、このビルで働くオフィス ワーカーがその力を存分に発揮できるように、さらにオフィスワーカー同士の新たな communication collaboration(=co-)が生まれるように、との想いを込めて命名さました。「WELLCO」(ウェルコ)ではカフェ 、ラウンジ&ワークスペース 、ウェルネスゾーン、コンシェルジュサービス などが提供されます。入居者専用のリフレッシュ、コミュニケーションスペースは、シェアオフィス大手の「WeWork」のコンセプトを参考にしている様に感じました。

 

 

2019年5月の現地の様子

旧ビルの解体工事が行われています。

 

 

 

真正面から見た様子です。この部分に11層の百貨店(2期部)と地上 11 階~38 階の高層部分に、最新の設備を備えた西日本最大規模となる 1 フロア 当たり貸室面積 約 3,500 ㎡、天井高 2.9mの開放感あふれる大型オフィスが誕生します。

 

 

 

ついに2期棟の建設工事が始まる大阪梅田ツインタワーズ・サウス。総延床面積約26万㎡にも及ぶ巨大開発は最大の山場を迎える事になります。

1 COMMENT

再都市化大ファン

この計画を初めて知った時はあまりにも壮大なプロジェクトで驚きましたが、今の大阪には同様の規模の計画がさらに複数でてきてもおかしくないですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です