大阪国際空港(伊丹空港)ターミナル改修プロジェクトがついに着工!

th_001_20140902223057d34.jpg


新関西国際空港会社は2014年9月2日発表のニュースリリースにて、大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト「Speedy&Smart 都市型先進空港 ITM」を始動すると発表しました。この改修プロジェクトは、大阪国際空港のターミナルビルが大阪万博開幕を控えた1969 年にオープンして以来の大規模な改を行うもので、2020 年の東京オリンピック、パラリンピック開催に向け、国内外の多くのお客様に大阪国際空港をスピーディで快適、便利に利用出来る様に、万全の態勢を整える計画です。


改修プロジェクトでは、ターミナルビルの「安全・安心の強化」、「環境・地域との共生」はもちろん、出発、到着時のお客様の動線を抜本的に見直し、最新の IT 技術も積極的に取り入れ、スピーディでスムーズな移動が実現されます。さらに、ターミナルビル内も快適、便利な空間とし、商業エリアも魅力あふれるものに全面リニューアルすることで、大阪国際空港はスピーディでスマートな都市型先進空港に生まれ変わる事になります。


【出典元】
新関西国際空港会社>
大阪国際空港ターミナル改修工事着手について(PDF)
新関西国際空港会社大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト 「Speedy&Smart 都市型先進空港 ITM」始動 (PDF)



【過去記事】
2020年の東京オリンピック開催に向けた伊丹空港の大規模リニューアル「大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト 」が始動!

※ひでゆきさんから情報を頂きました、ありがとうございました!






th_001_201602282222322fb.jpg



【主な改修内容】 

①出発動線 
・ モノレール駅からは、新しいペデストリアンデッキにより、2階保安検査場まで階層移動なく直行可能に。
・ バス降り場は出発ターミナルビルの前に配置し、チェックインカウンターや保安検査場までの移動はよりスピーディに。
・ 駐車場との間の横断歩道にはルーフを設置し、雨の日も濡れずに移動可能に。
・ セキュリティチェックや出発手続は、インラインスクリーニングシステムの導入で、よりスムーズに。セルフバゲージドロップ導入等も検討。
・ 保安検査場は拡張により、待ち時間を短縮し、よりスムーズな通過が可能に。
・ 搭乗口までは、ムービングサイドウォークの設置で、よりスムーズな移動が可能に。
・ 小型機対応フィンガーの新設により、MRJ等の小型機にも、搭乗橋でスムーズに乗降可能に。


②到着動線
・ 到着口は中央2階に集約し、新しいペデストリアンデッキにより、各交通機関にダイレクトに接続。次の目的地に向けてスピーディな出発が可能に。
・ 到着ロビーでは、IT・デジタルサイネージにより交通情報を提供し、お客様の各交通機関の選択を的確にサポート。


③快適・便利な空間(もっと快適に使いやすく)
・ 到着口の集約に合わせ、新しい到着ロビー(3階まで吹き抜け)を開設(中央2階)。
・ 到着口を見下ろせるロビースペース、カードラウンジ、ビジネスサポートセンターも備えた空間を新設(中央3階)。
・ ゲートラウンジは全面リニューアルし、段差の解消や点字・多言語の案内標識の整備を実施(ユニバーサルデザイン対応)。
・ 全館 Wi-Fi の導入で、ターミナル内どこでもインターネット利用可能に。


④魅力的な店舗展開(食べて買って楽しめる空港へ) 

・ 大阪・関西の活気あふれる2つのテーマゾーン(飲食・物販)の展開(中央2階到着ロビーの両サイド)。
・ ゆったり過ごせるダイニングスペースの展開(中央3階)。
・ 選びやすく買いやすいお土産店、カフェ、コンビニ、個性ある物販飲食店舗の展開(出発エリア)。
・ 搭乗前のひと時を快適・便利に過ごせる店舗の展開(ゲートラウンジ)。


⑤環境・地域との共生(さらに環境と地域にやさしい空港へ) 
・ 雨水の中水利用、照明のLED化、空調の高効率化。
・ 飛行機が間近に見える屋上展望デッキを拡張。
・ 地域の皆様も楽しめるイベントにも利用可能なスペース(中央3階)。


⑥安全・安心(さらに安全・安心な空港へ)
・ フィンガー建替えにより耐震性を強化。
・ 全館の改修により防火性・避難性を強化。







th_002_201602282222335f8.jpg

 伊丹空港の大規模リニューアル計画は2014年9月2日に発表されましたが、2015年1月の入札手続きで資材高騰などの影響から工事内容を見直しを行った事から、2015年春予定の着工が2016年2月までずれ込みました。当初は中央エリアの先行開業を今秋、全面開業を2020年春としていましたが、2018年春に先行開業、2020年8月の全面開業にリスケジュールがおこ行われました。















th_003_20160228222234399.jpg



今回の改修ではムービングウォークの台数が23基へ大幅に増設されます。開業以来の45年ぶりとなる大改修の事業費は約200億円。利用者が迅速に移動できるビジネス客主体の先進空港を目指す」事になります。









th_P1150486.jpg



今回のリニューアル工事では、5つあるフィンガーのうち4つを耐震性を高めた施設に建て替えられます。天井が低くて窮屈なフィンガーがどう変化するのか?が個人的に注目しているポイントの1つです。


















th_P1150503.jpg


45年ぶりの大改修が始まった伊丹空港。同じく大改修が進む新大阪駅とセットで大阪の表玄関の大幅なイメージアップが進みそうです。

関連記事
[ 2016/02/29 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(11)

大阪モノレール

http://www.decn.co.jp/?p=64306 (建設工業新聞)

◎大阪府池田市/大阪モノレール石橋地域延伸計画/16年度から実現可能性検討
[ 2016/03/14 10:55 ] [ 編集 ]

大阪府と大阪市の二重行政は有名になりましたが大阪だけの問題ではありません
兵庫県知事は伊丹空港に力を入れて神戸空港には言及しない
兵庫県と神戸市のくだらない二重行政そのものです
[ 2016/03/01 19:01 ] [ 編集 ]

神戸は伊丹の代わりにはならん
当然関空の代わりにも
神戸が伊丹の代わりにならんことは関西広域連合の連合長に知事を出している兵庫県庁が海外へのチャーター便を出す時に神戸ではなく伊丹から出していることからも伺える
[ 2016/03/01 07:57 ] [ 編集 ]

政治的な思惑があるとはいえ、大阪の玄関が45年も大改修無しということに驚きです。
この際思い切ってやってほしいです。
[ 2016/03/01 07:09 ] [ 編集 ]

伊丹は新大阪・梅田へ直通できる鉄道系公共交通が整備されると東京間シャトル運行&小型機中心の空港運用として、関空の国際線&大型機用24時間運用と住み分けが出来そうですが中途半端な位置づけになりますね。
[ 2016/02/29 22:53 ] [ 編集 ]

読者さん

大型scは隣にイオンモール伊丹がありますからね
直行バスもありますし
[ 2016/02/29 21:41 ] [ 編集 ]

神戸ははっきり言って伊丹の代わりになりません。
伊丹と神戸どちら廃港にするなら間違いなく神戸でしょう。
[ 2016/02/29 15:16 ] [ 編集 ]

伊丹空港はリニア開通までは存続して将来的には廃止して関空と神戸に全便を移設すればいいのではないかと思います
[ 2016/02/29 14:35 ] [ 編集 ]

ちょっと期待外れの単なるリニューアル、これだけ場所の良い空港だから、空港ターミナルだけでなく、大型SC+空港ターミナル+温浴施設といった形で、空港利用客だけでなく、阪神間の住民が日常利用する施設にして、運営会社が空港利用料以外で何倍も稼ぐのでは思っていたが。
オリックスとしては、まず関空を軌道に乗せるというのが最優先なのだろう。
将来関空の旅客数が3000万越えすれば、伊丹の一部の国内便は神戸空港に移して、国際便の乗入をすれば、伊丹なら欧米便の就航も期待できるので、関西の国際ビジネス環境は飛躍的に改善する。
その時には再度リニューアルより、リモデルしてほしいものである。
将来的には関空4000万、伊丹2000万、神戸500万の計6500万になれば、大阪は国際ビジネス都市としてそれなりの位置になると期待している。
[ 2016/02/29 13:35 ] [ 編集 ]

今年4月の新会社運営に向けて

大阪空港も関空同様に、施設の改良に力を入れますね。大いに期待です(^^)/
[ 2016/02/29 12:32 ] [ 編集 ]

伊丹を廃止するべきという意見もありますが
飛行機によく乗る立場からすると都心に近い伊丹の方が便利です。
ですがアクセス面をもう少し強化してほしいです。
バスだと渋滞にはまるし、鉄道だと少々不便です。
[ 2016/02/29 09:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3582-883a59e5