世界で最も高いモジュラータワーB2が建つニューヨークのアトランティック・ヤード

 001_20140813161226e59.jpg



アトランティック・ヤードプロジェクトは、ニューヨークで進められている大規模再開発プロジェクトで
住宅、オフィス、小売、コミュニティ施設、駐車場、ホテルなど16棟を建設する、総事業約49億ドルビッグプロジェクトです。
中心施設として、米バスケットボール協会(NBA)のブルックリン・ネッツが本拠地を置く
巨大なアリーナ「バークレイズ・センター」があります。
アトランティック・ヤードには合計約6400戸の分譲マンションが入る15の建物が建設される予定ですが、
平均的な所得者層にも手が届くような手ごろな価格の住宅を供給する為に、ある大胆な建築プランが採用されています。



【出典元】
curbed>atlantic-yards















002_20140813161228211.jpg



アトランティック・ヤードには合計約6400戸の分譲マンションが入る15の建物が建設される予定ですが、平均的な所得者層にも手が届くような手ごろな価格の住宅を供給する為に、ある大胆な建築プランが採用されています。
それは、アパートを構成する各部屋を「モジュール」として予め工場で組み立てて、現地で組み立ててゆく「プレハブ方式」が採用されている事です。アトランティックヤードに建設される32階建てのタワーマンション「B2」は、モジュール式の技術を使用して構築された、世界で最も高いビルになります。

プレハブユニットで構成され、機能別に積み上げられた様なデザインのアトランティック・ヤードのビル群は、まるで巨大なレゴブロックの様です。

















003_20140813161229b7d.jpg


海外ではこのアトランティック・ヤードの様な、さまざまなビルの機能を積み上げたような「スタッキング」の技法を用いた高層ビルを見かける事が多くなってきました。













NY-CY044_BARCLA_G_20140406164629.jpg





おまけですが、アトランティック・ヤードの中核施設、バークレイズ・センターの巨大ドームを植物が植えられた13万平方フィート(約1万2000平方メートル)の「グリーンルーフ」で覆う計画が進んでいます。コスト抑制のために数年前に廃案となったアイデアが復活することになりました。アトランティック・ヤードには合計約6400戸の分譲マンションが入る15の建物が建設される予定で、そのうち3つの建物がアリーナを囲むように建つことになっています。広大な白い屋根を一面の草木に変えることで、分譲マンションの人気が高まるとフォレスト・シティは期待していそうです。
関連記事
[ 2014/08/14 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(1)

自分がNYにいたとき20平米ほどのスタジオタイプのワンルームは2000ドルぐらいが相場で
留学生などは2人でシェアするなどして費用を抑えていました。
低所得者向けに安くという事ですが一体どれだけコストダウンが可能なのか非常に興味があります。
[ 2014/08/14 02:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2639-02823c00