高麗橋野村ビル西側の2つの駐車場で同時にボーリング調査が行われる。同地区の一体的な開発が行われる?

th_IMG_2010.jpg

大阪都心にある有名な近代建築の1つ、麗橋野村ビルの西隣に位置する2つのコインパーキングでボーリング調査が行われていました。2つの駐車場はそれぞれ、野村不動産と大林組グループの新星和不動産が所有しており、合計面積は約1300㎡ほどです。


















th_IMG_2013_20140819222919504.jpg



南東側から見た現地の様子です。2箇所を一度にボーリング調査とは、同地の一体的な開発を予感させますね。敷地面積は1300㎡、容積率は800%なのでそれほど大規模な開発にはならないと思いますが、高麗橋野村ビルをエントランスに捉えたようなステータス性の高いタワーマンションが建設されるかもしれません。







th_IMG_2019_201408192229193e6.jpg


南西側から見た現地の様子です。この周辺では、昨年ダイワロイネットホテル大阪北浜がオープンしています。












th_IMG_2017.jpg 



こちらは、現地の東側、堺筋沿いに立つ「高麗橋野村ビル」の様子です。高麗橋野村ビルは、大阪市中央区高麗橋2丁目にあるオフィスビルで、野村財閥の持株会社である野村合名の地所部が建てた最初の貸ビルです。大阪瓦斯ビルディングなどの設計で知られる建築家の安井武雄氏が設計を手がけ、地上7階、地下1階、大林組の施工で1927年竣工しました。









th_IMG_2023.jpg
  

最後は近くに立つ、ザ・タワー北浜と絡めて。
関連記事

6月末頃はこそこそといった感じでしたが、いよいよですね。 野村建設工業とのJVなんでしょうか。
[ 2014/08/20 08:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/2644-0d74a137